« February 2006 | Main | April 2006 »

March 30, 2006

素直にファインゴールでいいじゃん

先日発売のワールドサッカーダイジェスト誌の付録のゴール集解説はなんであんなにダメ出しばかりなんだ。プレスが甘いとか、ポジショニングがなっていないとかで。とりあえずはそういうのも含めてファインゴールでいいんじゃないか。でないと、ファインゴール集の大半はDF陣のチョンボ集になってしまうだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2006

NesterJ for PSP Ver.1.10

個人的には以前のバージョンの方が好きかな。バージョンアップとは裏腹に少し画像が汚くなったような・・・。私の環境(1.5)で影の伝説をプレイしたところ、林の面で汚い縦線が目立った。これはフレームレートを変更しても解決する事がなかった。グラフィック面では×なところがあったけど、nsfファイルが再生できるようになったのは○。更に推し進めて、パソファミのようにnsfファイルを作成できるようになったら、尚いいのだが、そうするとシェアウェアになってしまうか。しかし私のようにゲームがヘタっぴな人でも、ゲームの先の面の音楽が手軽に聴けるようになったのは嬉しい。このソフトでnsfファイルを再生して気づいたのだが、nsfファイルって90秒が限界じゃなかったんだね。KbMediaPlayerをずっと使い続けていたので、そう信じ込んでいた。だからドラクエのエンディングが最後まで聴けたのには驚いた。ふむ、これはいくつか作ったファミコンの着メロを作り直す必要が出てくるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2006

ソフトウェアのバージョン

最新のものがいいと思われがちだが、結構そうとは言い切れないソフトもある。DVD Shrinkは旧バージョンの方が安定するし、ApacheやMySQLも古いバージョン系列がずっとリリースされていて、最新バージョン系列よりも使いやすいという声もある。それぞれ1.3系列と4.0x系列になるか。Javaもそうだ。1.5のJDKは開発現場ではあまり普及しておらず、いまだ1.4.5当たりが主流だ。それに伴い、Eclipseも3.1.x系列ではなく、3.0.x系列が必要になる。EclipseはJavaで出来ているので、JDKのバージョンに強く依存する。あと言ってみれば、Windowsも最新のXPよりも、2000の方が使いやすい。XPはビジュアル重視で重いだけでどうも好きになれない。仕事上、仕方なく使っているのだが、ビジュアルに関するオプションはほとんど切って使っている。エビデンスの関係上、XPのウィンドウスタイルだけ残しておかないといけないのは少々気に触るが・・・。
ここまでは最新バージョンに否定的だったが、これだけは常に最新バージョンにしておきたいソフトがある。それはライティングソフトだ。これはソフトの機能がどうこうというより、ドライブ対応の問題だ。いくらお気に入りのライティングソフトでも、ドライブが対応していなければどうしようもない。古いソフトだと、どうしても最新のドライブに未対応になりがちだ。

最後に先日、NesterJ for PSPの最新バージョンがリリースされたのだが、私的には以前のバージョンの方が安定していたような気がする。最近はPSPのカテゴリで過去ログのヒットを取るのがイヤであまりPSPについては記述していなかったが、明日当たりに久し振りに書いてみるか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2006

人のいびきをどう思うか

昨日、ネット喫茶のいびきについて少し書いたが、あれについてはどう思うだろうか。短絡的に「うるさい」と一言で片付けてしまうのは簡単だろう。しかし、いびきをするということは、内臓に何か問題を抱えているとも捉えられる。この捉え方1つでも、人の器を読み取る事も出来るだろう。私の友人にもいびきが酷い奴がいる。まあ夜更かしばかりしているから、ある意味当然か。それと共に大丈夫かと危機感を感じたりもする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2006

ネット喫茶の掲示板に呆れる

今まであまり気が付かなかったが、ネット喫茶のHPに掲示板があることに気づき、ちょうど回線状況が悪く、暇つぶしに見てみる事にした。中を覗くと、苦情だらけだった。隣の話し声がうるさい。店員の接客態度が悪い。ここまではまだ普通だ。しかし、

・いびきがうるさい。

これはきっと夜中に来店したのだろう。その時点で「諦めろ。」夜のネット喫茶なんてそういうところだ。それがイヤならホテルへ行け。私の行きつけのネット喫茶は個室だが、所詮は板切れ1枚でしか仕切られていない。だから音なんて筒抜けだ。実は先日の残業でネット喫茶に泊まったのだが、やはり来店時点でいびきの嵐だったが、相当疲れていたので、絶対寝る自信があった。

・飯がマズい。

カレーを引き合いに出すと、値段と味は妥当だろう。まさかネット喫茶でシェフの味でも期待しているのだろうか。そんなにおいしい物を食べたけりゃ、よそのネット喫茶に行った方がいい。少なくとも300~500円を上積みすることになるが。ご飯はカチカチなんじゃない。レトルトなんだ。先日、私もカレーを食べて、味の事もあったが、ご飯がほぐされていなかったので、これは決定的だった。まあ私は中身を知っていても、味はそう気にしないタチなので、どうでもいいことだけどね。いつかのマズい店ほどでなければ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2006

JWordにご立腹

このプラグイン、どの程度認知されているんだろうか。少なくともFlashほどの認知度がないのは確かだ。そしてQuickTimeよりも認知度が低いのも確かだと思われる。にも関わらず、あるページに入った途端に勝手にインストールされるのはどういうことだろうか。これではほとんどスパイウェアだ。こういうことをするものだから、あちこちのパソコン誌に制限付きサイトへJWordを登録するような記事を記載されるのは当然の行為だろう。方法としてはhttp://download.jword. jpを制限つきサイトへ登録する事になる。それにしても身勝手だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2006

仕事で居眠りしないコツ

たいしたことではないのだが、眠くなったら、人と話に行く。これに限る。昨日は仕事の徹夜明けで休みたかったのだが、周りの仕事っぷりを探るという意味でとりあえず出勤することに。前日に泊まったマン喫では元気だったが,夕方にはやはりボディーブローのようにダメージが蓄積し、どうしようもない睡魔に襲われる。そこで、ちょうど仕事にも詰まっていた所なので、人のアドバイスを得る事にした。もちろん談話付きで。これで何とか昨日は乗り切った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2006

久々に深夜残業をする

仕事の進捗が悪いということで客から怒りを買い、更にこれでダメならメンバー総換えだと三行半を突きつけられ、仕事が終わるまでは帰宅できないエンドレス業務を急遽する事になった。結論から言うと、仕事は終わらなかったのだが・・・。客のワガママに少しムッとしたが、それともう1つ、何時に終わるか分からない仕事のために、なぜ昼食を抜かれなきゃいけないのか。昼の2時まで終わらせなくてはならない仕事で昼食を抜くならまだ分かる。昼食を抜いてやる気のあるところを見せる?バカバカしい。そんなのは余裕のない人のやる事だ。何より長期戦なら休息は尚更大事だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2006

ダイエットの意外な敵

甘いものの誘惑は極めて普通だが、もう1つ、ズバリ周りの人間ではないか。私は1人暮らしだから、まだいいのだが、普通の家だと、ダイエットだからとゴハンはいらないとか、別のものにしてくれとか言うとなかなかうっとうしいと思われるだろう。私も職場を移ってから、気を使って昼間は食堂で食事をしていたのだが、いかんせん、油っこさに体が悲鳴をあげてきたので、とうとう先日から、元の野菜サラダとヨーグルトによる昼食に戻る事にした。確かに普通のご飯はおいしいけど、やっぱり野菜サラダの方が落ち着くね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2006

どんなものでも使いようによっては、善にも悪にもなる

昨日はたまたまWinnyを取り上げたわけだけど、あのようなことはどんなことにも言えるんじゃないだろうか。

包丁や金属バットも本来の目的以外に使用すれば凶器になるわけで・・・。

私の領域のプログラムでもWinnyだけに留まらず、考えようによっては、とんでもないことになるソフトはいくらでもあるだろう。

例えば、仕事で多数の端末を使用しているとする。

仕事が終わると端末の電源を切りたいわけだが、その端末1台1台の前に行ってシャットダウンするのはすごく面倒なので、端末を列挙し、リモートでシャットダウンするプログラムを作成するとすごく楽だろう。

そのようなソフトはちゃんとした用途で使用すると、すごく有効なソフトだろう。

しかし、これを不特定多数の端末、そして業務時間中に使用したとなると・・・。

このように、少し頭を悪い方向へひねれば、たいていの物事はどうとでも取れるのである。

私が危惧している事が1つある。

それはWinnyのような失態を繰り返す事により、ソフトウェア開発の制限が掛かる事である。

例えば、ネットワーク情報にアクセスするソフトは法律により許可を取らなければ作成できないとか、SDKは公開しないとか。

本当にそのようなことになれば、ソフト開発は非常につまらないものになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2006

日本の警察は厨房の集まりだ

何の事を言っているかというと、もちろんWinny。Winnyがどうこうという前に、職務を果たしてない事自体が問題だよね?それになぜWinnyなんてアングラなソフトに手を出しているんだろう。本題に入ろう。まずWinnyというのは、どちらかというとアングラなソフトな訳で、普通にパソコンを使っている人に取っては、疎遠なソフトだろう。じゃあどうやってその存在を知ったかというと、本屋に乱雑しているWinny関連の本が元になっていると思われる。その手の本を少し読んだ事があるけど、どの本も似たり寄ったりでくだらない。あまりWinnyのリスクについては触れていないようだ。私的にはファイアウォールやポートの何たるを知らない奴はWinnyを触る資格はないと思っている。Winnyを使うに当たって、Windowsファイアウォールを通過するためにいずれかのポートを開放しないといけないから、にわかにネットワークに詳しい奴でもいたんだろう。それでも、情報流出に繋がっているわけだから、所詮はにわかだ。それにしても、Winnyの作者もたまったものではない。逮捕はされるし、このようなレベルの低いユーザはいるし・・・。ソフトが悪いんじゃない。ユーザの質が悪いんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2006

WBCでもヘボ審判

私はWBC開幕前から、サッカーのように誤審で揉める事なんて、まさかないだろうなんて思っていたら、現実のものになっていた。サッカー好きな私から見ると、WBCのデビッドソン審判は野球界のモレノ主審(日韓W杯のヘボ審判)に見えてしょうがない。日韓W杯の韓国にも腹が立ったけど、アメリカもねえ・・・。WBC開催前からアメリカの利益のための大会だとか、組み合わせが有利過ぎるとか言われていたけど、この審判がとどめを刺したという感じだ。元々問題のある審判、しかもMLBではなく、マイナーリーグの審判なんでしょ。そういった審判を派遣する事自体、既に間違っているよね?アメリカの各誌でも、この誤審を叩いているけど、何か自作自演の感は否めない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

ジェフ・クラブ

ジェフ市原・千葉の下部組織のようなものだろうか。ジェフ・クラブからジェフへの昇格もあるらしい。今まで日本にはなかった試みであり、佐藤兄弟以降、目立った人材を供給していない千葉ユースの補填にもなるだろう。なかなかおもしろい存在だと思う。アイテア的にはレアルBやバイエルン・アマチュア当たりが参考になっているのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

ファイル置き場用のHDを購入する

ここ数年、デスクトップパソコンのデータの散らかり様があまりにもひどかったので、とうとう待望の250GBのHDを購入した。そのおかげで窮屈だったファイルスペースが一気に拡大。これで久々にPCエミュレータやcygwinをのびのびと楽しむ事が出来るかな。ただファイルスペースに甘えてファイルの整頓をしないのはあまりよくないな。たまにはDVDにデータを焼いて更に整頓する事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2006

またモリコロに会える(グッズだけど)

3/25より名古屋の主要デパートで愛・地球博グッズが再販されるとの事。去年秋のバーゲンで死闘を繰り広げたのは何だったのかと少し思ったが、個人的には嬉しい。とりあえず、買い損ねていたぬいぐるみでも買う事にするか・・・。もちろんセットで。本当のファンなら、キッコロだけ買わずにセットで買おう。お店の人も迷惑する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2006

Javaのファイルコピー

APIマニュアルを見てもjava.ioクラスにはそれらしいものが見当たらない。しかし今回、私は慌てなかった。それは他の言語でもこういった場面に遭遇しているからだ。結論としては、

「バイト配列を使う」

ただそれだけ。VBでファイルシステムオブジェクトに甘えてばかりの人にはなかなか思いつかない発想だろう。ファイル内容をバイナリリードして、それをただ書き込むだけだ。やはりコピーがないと落ち着かないので、このロジックはクラスにしておくとホッとする事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2006

某スーパーであの壁を発見

私がたまに行くスーパーでどこかで見た事のある壁を発見した。そう、愛・地球博のスペイン館の陶器の壁の一部があったのだ。名古屋のスペイン料理店にあるのは以前、TVで見たが、意外にこんな身近な所にもあるのにはビックリ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

レアル、チャンピオンズリーグ敗退

チーム状況が悪いのはまだ分かる。それでも、チャンピオンズリーグにはめっぽう弱いアーセナルに敗れたのはくいが残る。比較的守備が弱いといわれるアーセナルのディフェンスを1度も破れなかったのにはガッカリだ。ロナウドの状態が悪いのもあるが、あのヘンテコな3センターシステムはどうもいただけない。たいして突破力のあるわけでもないベッカムを高い位置に張らせたり、エルゲラの前に守備の出来ない2センターを置く事自体間違っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2006

見かけ倒しのパンにやられる

最近、休日にスーパーのパンコーナーでパンを買うのがちょっとした楽しみになってきた。

前の休みには次のものを買った。


・バターロール×3

実は私が1番好きなパン。

バターロールぐらいフジパン本仕込みでも買えよという声も出てきそうなものだが、表面がカリカリのバターロールはパン屋でしか味わうことはできない。

これも買ってきたものに対して、トースターで焼けよと思われがちなのだが、トースターで焼いたのでは、やっぱり味が違うんだなあ・・・。

とにかく、パン屋で買うバターロールが好きなのである。


・商品名不明

カップケーキ見たいな形のパンの中にチョコクリームが入った奴。

特別好きという訳ではないが、よく頭数合わせに買う。


・アンパンマンパン(チョコ)

うっさい。

いくつになっても、好きなものは好きなんだ。

小さい頃はドラえもんパンだったが、今はなかなかお目にかかれないので、今はアンパンマンだ。文句あるか。


・ココアパウダーリング

今回、問題となった1品。

第六感がこれはあまりおいしくないと言っていたにも関わらず、誘惑に負けて買ってしまったが、やっぱりおいしくありませんでした。

私が思っていたココアの味ではなく、少し苦味のある大人の味でした。

とりあえず、第六感には逆らうな。


・コッペパンバケット

もう1つの問題の品がコレ。

コッペパンと言えば給食。

そのイメージでパンをつかんで、トレーに置いた瞬間、パンの隙間にあまりおいしくなさそうなクリームのようなものを発見。

1度トレーに乗せて、また戻すのはなんとなく気が引けたので、そのまま買うことに。

まず、やっぱり挟まっていたピーナッツペーストがあまりおいしくなかった。

というよりも、私自身がピーナッツクリームが嫌い。

他の人に取っては、おいしいのかもしれないが。

そして、バケットは全然コッペパンの味はしませんでした。

これにはやられた・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

Excelシートから、シェイプを一括削除

仕事に使用するテスト仕様書に余分なシェイプが山ほど貼り付けられていたので、これを削除する事にした。ロジックはこんな感じ。

Dim objShape As Excel.Shape

For Each objShape In Sheets(1).Shapes
objShape.Delete
Next objShape

特に問題なさそうなロジックだが、実は大きな罠があったのだ。この削除しようとしているシェイプが異様に大きいのだ。そのため、シートをスクロールすると即描画処理が始まる。そんな処理にいきなり削除なんてしようものなら、描画と再描画の処理がグチャグチャになり、一気にExcelが落ちてしまう。現に実際にそうなってしまった。さあ、どうするということになるのだが、その問題は一文で解決してしまう。そう、Excel処理の基本、ScreenUpdatingをFalseにしていなかっただけなのだ。描画さえ抑えてしまえば、こんな事はなんでもないのだ。この一文を加えると、あっさりと邪魔だったシェイプは無事に一掃。めでたし、めでたし。教訓、

Officeのマクロ処理では、できるだけ画面描画は抑える事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2006

Javaのコンパイル結果をリダイレクト出力

Javaのコンパイル結果を取得しようとして、

javac hello.java >log.txt

という感じでコマンドを入力しても、ログには何も出力されなかった。しかし、ネットで検索していると、

javac hello.java 2>log.txt

という感じでリダイレクト記号の前に2を付けると、ちゃんとログに結果が吐かれるようになることが分かった。これはうれしい。しかし、2の意味はよく分からなかったので、これは要調査ということにしよう。まだ、試していないが、java.exeの方でも、多分同じ結果が得られる事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

バルサがランパードに興味

これは報道されている、チェルシーがバラックを獲得しようとしている事にも影響はあるだろう。しかし、私的にはこの冬に獲得したFCポルトでの愛弟子、マニシェの起用方法に着目している。比較的、ランパードとタイプの似た彼をこれから優遇するということもあるだろう。そして今まで絶対的な存在だったランパードも、マニシェの獲得により、ターンオーバーに組み込む事が出来る。これにより、バラックまで獲得したのならば、いくらランパードとはいえ、スタメンの確約はなくなって来るだろう。そこまで見越してランパードの獲得に踏み切るのならば、バルサのフロントも、たいした策略家だろう。しかし、イニエスタ,ファン・ボメルという豪華なバックアッパーが揃っているにも関わらず、バラックを獲得をしようというのは、また別問題になってくるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2006

やっぱり拍手はブームなのか

ベッカム,ルーニーに続き、今度はモウリーニョがやっちまった。先日の試合の判定にブチ切れ。やっぱりイングランドを中心に1つのブームなのかな。実際のサッカーじゃないけど、私も笛ばっかり吹きやがるウイイレの審判に拍手でもしてみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2006

やっぱりそうだった、ガンダムの謎

先週発売の週プレより。昔から思っていた事だが、やっぱりガンダムのキャラクターは5歳ほど歳を上乗せしていたらしい。明らかにあの人たちの言葉は10代後半の発言じゃないよね?ブライトさん。シャアにしたって、20歳の割には老け過ぎだ。これは生みの親の富野由悠季が言っているのだから、確かな情報だ。富野氏いわく、公開されている設定はあくまでスポンサー向けの仕様との事。ただしアムロだけは設定の15歳から更に-5歳してよし。奴だけは例外だ。ガンダムの操縦の腕は誰もが認めるところだが、オツムは小学生だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Javaがいっぱい

仕事でJavaのサンプルを作っていると、明らかに構文が合っているのに、エラーになり、コンパイルが通らない。真っ先に思いついたのが、Javaのバージョン。正規表現を使用したサンプルを作成していたので、もしやと思い、あらかじめ通してあった環境変数JAVA_HOMEの値を確認しても、最新バージョンになっている。なぜだ。そういう訳で、ディスク上に存在するJavaを確認してみる事にした。すると、出てくる,出てくる。本来の開発用のSDK以外にも、JRunとOracleからも検出された。しかし、これらがコンパイルの邪魔をしていた訳ではないのだ。なんと、WindowsディレクトリになぜかJavaが入っていた。さすがにPathの優先順位をJavaのコンパイルだけのために変更しようとは思わなかった。そもそも、何に使用しているか分からないJavaに対して,

C:\WINNT\System32;%JAVA_HOME%\BIN;

;%JAVA_HOME%\BIN;C:\WINNT\System32

と入れ替えるようなリスクを負えない。レンタルの端末を使っているので、私の前にどういう意図、もしくはアプリケーションで使用していたかは知らない。しょうがないので、JAVA_HOMEに存在するJavaで必ずコンパイルするスクリプトを作成したよ・・・。そのおかげで大分開発が楽になった。小さいサンプルでいちいちEclipseを立ち上げて、プロジェクトを切り替えるのも、どうかと思っていたので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2006

WinMergeの比較は最高

少し前にExamDiffというソフトを紹介したが、この上を行くソフトが見つかった。そのソフトはWinMerge。名前からするとファイルのマージ用ソフトとして見受けられがちだが、ちゃんと比較もできる。SJIS版もあるので、日本語対策は完璧だ。しいて難点を挙げるならば、相違点を示す配色のセンスのなさぐらいか。そんなものをカスタマイズでどうとでもなるので、フリーソフトでは最高の比較ソフトだ。あくまで私の認定ではあるが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2006

これからのレアル・マドリー

やっとレアルのガンだったペレス会長がクラブを去った。せめてカッサーノを獲得する前に辞任して欲しかったね。これでしばらくはバカげた補強は少なくなっていく事だろう。注目はこれからの補強方針か。気が付けば、スタメンの平均年齢の高い事。ディフェンスのセンターライン以外は軒並み30歳前後だ。そのため、補強ポイントはほぼ全てのポジションになってしまうので、来シーズンからの補強が楽しみだ。私的には国内の有望な若手を集めて欲しいかと思っている。F・トーレス,レジェス,ホアキンといった当たりが候補か。ただ全員は取って欲しくないかな。完璧な補強というのもつまらないので。あと国内選手ではないが、キャリアのクライマックスを迎えているジダンの後継者にアイマールというのもありか。以前からバレンシアでのマンネリが取り沙汰されているので、キャリアのピークを機に環境を変えるのも悪くないだろう。ただ、彼の獲得に当たって、故障の多さは気に掛かる所ではあるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2006

現代の子供の運動能力は低下している

先日のニュース23で少し言っていたけど、それって単に小さい頃からのゲームのやり過ぎでは?昔ほど今の子は外で遊ばないようなイメージが私にはある。私の世代ではファミコンが出たのは、小学校の頃で、ゲームのやり始めも同時期となる。これが早いか遅いかは判断が付きかねるが・・・。うちの親から見ると、私もファミコンばかりしていると思われていたが、実は結構体を動かす遊びはしていたのだ。学校ではバスケットやバレー、プライベートでは野球や水泳をやったりね。私のようなら、まだいいのだが、やっぱり学校でも教室に閉じこもり、家ではゲームしかしないというのは、どうかと思うね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2006

ヘボ審判に拍手

最近、ベッカムやルーニーが審判のショぼい判定に拍手による抗議でイエローカードを頂戴するという事があったが、英国にも、このような文化があるという事に驚いた。実は私も似たような事をやったことがあるのだ。確か相手は学校の先生だったかと思うが・・・。この行為、確かに子供じみているが、それ以上にそれに対して報復のカードを提示する審判はもっと子供っぽいと思う。審判の権威を振りかざす?いや、あなたも、ただの子供ですから・・・。それにしても、この行為はイングランドで流行っているんでしょうかねえ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »