« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

ここがチョット不満な携帯動画変換君

確かにシャットダウン機能は単発で使う分には便利だ。しかし、1度ツールの設定をしてしまうと、ずっとそれを記憶してしまうため、少し目を離していると、いつの間にかPCがシャットダウンされているというマヌケな事をしばしばやってしまう。シャットダウンに関しては、設定の記憶の必要はないかなと・・・。このソフトの名目は携帯動画の変換だから、そうそう大きな動画の変換をやるとは思い難いので・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2006

サッカーがうまいだけじゃダメなんだよ。君の場合もね。

apeosのCMですっかり有名なクリスティアーノ・ロナウドだが、所属のマンチェスター・ユナイテッドではすこぶる不評のようだ。FAカップでの曲芸的なプレーが元で同僚のファン・ニステルローイがブチ切れ、チーム内でも無謀なドリブルを仕掛ける彼のスタイルはすこぶる不評のようだ。このままではクラブから追い出され兼ねないだろう。そんな彼を横目に某紙では最近チームのためにプレーしているルーニーを見習えというコメントもあった。正にその通りである。今の彼にはやはり、この言葉がお似合いか。

「サッカーがうまい(テクニックがある)だけじゃダメなんだよ。君の場合もね。」

もう少しチームプレーと多少の事でキレない精神力を養いましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2006

久々に歯医者へ行く

あまりの歯の痛さに3年振りに歯医者に行くことにした。レントゲンを取った結果、銀歯の中から虫歯になっているとの事。麻酔をして歯を削られると、麻酔の意味がないほど、痛いこと痛いこと。ずっとガマンしていると、先生いわく、「痛そうな顔をしないから、分からなかった」と。いやいや、その前に、口が開きっ放しでしゃべれませんから。

昔は歯医者へ行く度に、訳の分からない機械が並んでいて、一体何をされるのだろうと、少々不安気味だったが、ここ数年は違う。先生は特に口にしなかったが、今回は歯の神経を抜いたなと。しかし、歯医者で怖いのは、未知なる機械ではない。

「シンナー」

歯医者の専門用語でいう、麻酔のことだ。今の歯医者の先生は、あまりその言葉を口にしないけど。死語なのかな?昔、行っていた歯医者が麻酔が下手で毎回、死ぬほど痛かった。その下手で痛い麻酔を1日に2度打たれる事も。ほぼ拷問に近かった。この歯医者のおかげで、なかなか麻酔とメガネ女(先生)のトラウマが治らなかった。それ以前に、なんでその下手っぴな歯医者をなかなか変えなかったかが、今でも謎だ。うちの家族の間でよく口にしていたよ。

「痛くて怖いxx歯科」

とね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apeosの新CM

クリスティアーノ・ロナウドに続き、今度はバスケットの田伏勇太がCMキャラクターに。しかし、パターンは相変わらず。最後は経営者のイヤミっぽいダンクシュート炸裂。そんな立派なダンクがあるなら、「経営者やめろよ」。(ガーン)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2006

バルサVSチェルシーでまだ一悶着

先日行われた欧州チャンピオンズリーグ、FCバルセロナVSチェルシーFCは2-1とアウェーのバルセロナが勝利したのだが、その際、主審がチェルシーのデル・オルノを退場にした事が大きな問題となっているようだ。昨年もチェルシーのドログバの退場、バルセロナのライカールト監督が審判と談話していた事が問題となっていた。
私的には日頃から態度が大柄なチェルシーのモウリーニョ監督に問題があるかと思う。審判といっても、所詮は人間が裁くものだ。本来あってはいけないことなのだが、あいつ(モウリーニョ)は態度がデカいから、際どいプレーになったら、黄を赤にしてやろうという意思が少なからず働いてしまうのではないだろうか。
モウリーニョ監督は今回も判定に相当ご立腹のようで、バルセロナホームの第2戦には2軍しか派遣しないようなコメントも発している。ああ、本当に懲りない人だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初めて号外をもらう

昨日の話。そう、もちろん内容は「荒川金メダル」。プログラマの仕事を始めて随分なるが、なかなか街中で働く機会がなかったので、今まで号外をもらう機会がなかった。もらったのはいいけど、現在の派遣先のお家事情で、それを片手にあまり目立った事ができなかったのが残念。もう1つ欲を言うと、村主とミキティに入賞して欲しかったな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

久々に虫歯になる

痛てえ・・・。本当に泣きそう・・・。いつもの事ながら、3年に1度なる行事みたいなものなのだが・・・。今回の原因ははっきりしている。単にGavaの食べ過ぎとカルピスウォーターの飲み過ぎ。子供だ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

ExamDiff

長い間、VSS(Visual Source Safe)のような検索イメージでかつUnicodeにも対応したテキストコンペアツールがないかと随分ソフトを探したのだが、そのほとんどを満たすソフトがExamDiffだ。本家はココだが、いかんせん最新バージョンだと日本語化パッチが当たらないので、少し古いバージョンを使う事にする。場所はココ。旧バージョンを探すのには結構苦労した。中国サイトでは偽バージョンをつかまされて、かなりご立腹だったが、なんだかんだで手に入ったので満足。満足。詳しい使用方法はこちらに譲る事にしよう。VSSのように、比較方法をバイナリ比較からテキスト比較に変更するとサクサク使える。唯一の難点は日本語が文字化けする事だが、外国産のソフトである以上、それは仕方がないだろう。それを差し引いても、このソフトは比較状況が見やすい。ぜひお試しあれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2006

靴に対するもう1つの悩み

足が大きいのは既出。もう1つの悩みは、私の妙癖のおかげで、普通の人よりも靴の持ちが悪い。それは・・・

「無意識にネコ足をしてしまう」

のだ。ネコ足とは簡単にいうと、ムエタイのかかとを浮かす構えのようなものと思ってもらえばいい。そう、かつて空手をやっていて、型の練習の度にネコ足をやらされて、いつの間にか、普通に座っている時でもやってしまうようになったのだ。そのおかげで靴の真ん中ら辺の痛みは相当早い。最後には靴が真ん中でパッキリ割れてしまう。今のところは右足のクセで、左足の方はちょっと擦り減っているだけだから、これがまたもったいないのだ。右足だけ2つ売ってくれないかな?ダメ?ほんと毎度毎度これにはウンザリ。底を鉄板で強化した安全靴って売ってないかな。でも、それじゃ、ほとんど鉄下駄状態か・・・。しょうがないから、左足も同じ癖を付けてバランスを取ってしまうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2006

おいおいミキティを泣かすなよ

わざわざこんな時期になぜタブーな領域に触れるのだろうか。いや、時期に関係なく、公の場で触れる事ではないだろう。人としてこのTV局のインタビュアーの神経を疑わざるを得ない。こういうバカな人がいるから、一部のアスリートがマスコミ嫌いになってしまうんだ。メダルを取れないことよりも、こういう人でなしのマスコミが日本にいるということが知れた事の方がよほど恥ずかしい事だと思う。

とりあえず、今言えることは、

「Forza! Mikity!」

だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

靴のサイズがない

そう、足が大きいとなかなかサイズが見つからないのだ(サイズは28)。先日、仕事用の靴がイッてしまい、イオンの中でいろいろ探していたのだが、なかなかいい物がない。おまけに店内がエアコンをガンガン効かせていて、熱い熱い。結局、納得いく品はなかったが、いい加減、ゆでダコ状態でこれでは体が持つまいと思ったので、しょうがないので、少々チャチい靴でガマンする事にした。ああ、こういうときって足が大きいのはイヤだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

こんな経理はイヤだ

先日、派遣先の社員食堂で経理の人がこんな事を話していた。

「イヤな奴には返金を紙幣にせず、わざと硬貨にしてかさばらしてやる」

と。おい、それって、吉本の辻本茂雄のネタと同レベルだぞ。

「レジの中に千円札がある。これを抜き取る。そして代わりに500円玉2枚入れたる。めちゃめちゃ悪いでー。」

アホだ・・・。こんな経理がいる会社の正社員はイヤだ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2006

こんな差別は初めてだ

保険屋といえば、去るバレンタインにこんな仕打ちを受けた。義理と本命でチョコを差別化するというのはよくあることだが、今回、客か客じゃないということでチョコの大きさが極端に変わった。既出の通り、うちはオカンが保険屋なので、無論客じゃない。なんか微妙に悔しかった・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちのオカンが意外な障害に

ある日、会社にかわいい女性の保険屋がやってきた。しかし、あいにく、うちはオカンが保険屋なので、半強制的に保険に入っているのだ。そのため、彼女達と触れ合う機会がなくなり、しくしく・・・。この時ほど、オカンを呪った事はない・・・。親の職業が恋愛の障害になることって意外にあるのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2006

この子は誰に似ている?

週刊誌の片隅で読んだのだが、やはりというか、整形をしてしまうと、子供の顔がお父さんにもお母さんにも似ていないという怪現象が起こるようだ。「まあ、こんな鼻ぺチャ誰に似たんでしょうね」ってお前の素顔だよって事もあるんだろうな・・・。女って怖い・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2006

xxxなMS Agent Character

検索キーワードを見て思い出したので、少し解説する事にしよう。結論から言うと「ある。」サイトも一箇所だけ見つけたが、洋サイトな上、有料だったため、あっさり手を引いた。確かに中身は気になる・・・よね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2006

06年版グランパス

今期はこんな布陣になるのかな。

     玉田    津田

藤田             中村

      金    吉村

有村 スピラール 古賀 大森

         楢崎

まずは守備から。楢崎は不動。大森,古賀もメンバーとしては順当だろう。問題はあとの2人だ。スピラールだが、長身なので空中戦は問題なし。問題はスピードスターとマッチアップした時だ。本当に大丈夫?昨年補強した増川を差し置いてまで獲得した人材だ。ダメでは済まされない。次に有村。この選手、大分のレギュラーだった事以外、プレースタイルなどあまり知らない。果たして中谷を放出してまで獲得するような選手とは思い難い。結局はタスキに長し帯に短しといった所か。
次は攻撃。何やら監督はサイドアタックをメインにしているようだが、それは有効とは思い難い。まず

・トップの選手が小柄。

このような状態ではいいクロスを上げても無意味に等しい。長身といえば豊田がいるが、どちらかというと、彼は足元で勝負するタイプ。既に戦術選択が間違っているのではないか。

・純粋なウイングがいない。

トシヤとナオシをサイドに張り付けているようだが、それでは彼らの良さは生きない。元々センターでのプレーを好むからだ。無理やりウイングを置くならば、ボランチに展開力のある選手を置かなければならないのだが、あいにく2人とも守備の選手だ。監督だけが悪いとは言わないが、選手の特性と戦術がマッチしていない。中盤はポゼッション向き。トップはカウンター志向。こんな状態で大丈夫か?

最後にトップの組み合わせだが、既出だが、ほぼカウンタータイプだろう。せめて1人ぐらいポストプレーヤーが欲しい。それだけに中山をG大阪に返してしまった事が悔やまれる。監督は腐ってもオランダ人だ。サイドを有効に使って、最後はセンターの長身FWでフィニッシュという青写真を描いているのではないか。現在、長身FWという最後のピースが欠けているだけに補強には多分満足していない事だろう。開幕まで時間はまだある。外国人枠が1つ空いているだけに、早急に長身FWの補強を求む。
結論?毎度毎度のことだが、期待はしていない。とりあえず、J2に落ちないで。それだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

今年のバレンタイン

実は昨日で終わってしまったのだ。今年の収穫は保険屋さんとオーストラリア土産のマカデミアナッツ。昨年、全くゼロだったのと比べると、たいした進歩だ。でも、ほぼ毎日Gavaを食べているような男には、あまり関係ない話かもしれないな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

小文字の「L」に気をつけろ

小文字の「L」って奴はよく大文字の「I」とよく間違える。Javaのプログラムを始めた頃、「うぉー、標準出力が出来ん。」と悩んでいたら、

System.out.printIn → System.out.println

だったのだ。Javaは頭小文字でトークン毎に大文字にするイメージがあったので、尚更ハマった。こういうこともあるから、大事なキーワードには小文字の「L」は使わない事をお勧めする。例えば異性と交換するメルアドなんかがそうだ。相手はイチイチそんな事を気をつけないので,下手をすると、

「xx君のメルアド、間違ってるじゃーん。もしかして冷やかし?」

ってな感じでポーイってされて、自然消滅なんてこともアリアリ?とか何とか言っていたら、私が保有するアカウントは、ほとんど小文字の「L」が使われている事に気づいた。もしかして、人からHPが見れないとか、メールの返事が来なかったというのは、それが原因だったのか(ガーン)。モテないのも、それが原因なのかも・・・(更にガーン)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

忘れてた・・・

あと20分で日付が変わるときに気づくとは全く・・・。
この度、このブログは1周年を迎えました。(パチパチ)
まだまだ過去ログでのヒットが多いものの、開設当時と比べると、ヒット数が驚くほど伸びました。これからもよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小倉引退

主に名古屋グランパスなどで活躍した小倉隆史が現役引退した。若い頃から大物と騒がれたものの、アトランタ五輪での故障がすべてで、それ以降は平凡な成績に終始したのは残念。スーパーサッカーの回想VTRでもあったように、94W杯出場を逃しうっぷんの溜まっていた本気モードのフランス代表相手にゴールしたのは、やはり本物の証でした。膝の故障はしょうがない。しかし、故障から復帰後に当時名古屋のジョアン・カルロス監督が、もう少し彼を信頼してあげたらなと強く思いました。これが第2のターニングポイントだったと思います。故障がありながらも、14年間よく現役を続けられたと思います。お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 11, 2006

追いかけっこをしていて、ガラス戸で激突死

昨日こういう事件が、ある中学校であったようだ。

男だったら、よっぽどおとなしい奴でなければ、追いかけっこは誰でも経験している事だけに生々しい事故だ。

死には至らなかったが、実はかつての友人が同様のシチュエーションでケガをしていたから、他人事とは思えなかった。

時も同じく中学校の時だった。

こちらも追いかけっこをしていて、追いかける人しか視界に入らず、そのまま図書館のガラス戸に激突。

違うのは命を失わなかった事だけ。

当時はさすがにビビリが入り、事故があった直後はおとなしくしていた。

学生時代に先生がよく廊下を走るなと言ったものだが、こういうことになる教訓も含まれているんだろうな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2006

食べ物を食べるということは、その生命力を食べるということ

というようなことを先週の喰いタンで言っていたが、たまたま電車の中で読んでいたクッキングパパでも同じような事が載っていたので、これにはビックリ。意外と有名な言葉なのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

まずは疑ってかかれ

よく刑事が言うセリフだが、実はこれ、プログラムの世界でも言える。ここのロジックは完璧だという考えが実に危ない。そういった先入観のせいで、5分で直るバグが何時間も掛かる事もある。事実、以前にこういうことがあったからなあ・・・。同僚に「ここのDBのロジックはちゃんと書いたよね」と念を押して何度も聞いて、ご当人が大丈夫と言い張っていたら、やっぱり間違えていて、ブチ切れ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

Eclipseが動かない

家で導入したときはあっさり動作したのに、なぜか仕事場で導入するとエラーで動かない。なぜだ。ん?調べてみると、SDKとランタイムのjava.exeの競合が原因らしい。具体的には -vm オプションでSDKのjava.exeのパスを指定したらいいとの事。こんな感じか。

eclipse.exe -vm %JAVA_HOME%\bin

あらかじめ環境変数JAVA_HOMEにJ2SDKのインストールディレクトリを指定しておく事。ついでにEclipseのオプションのJREも競合するので、ランタイムの方のパスを見ていたら、これもSDKのパスを見るように直しておこう。それにしても、「出来ない」はシリーズ化してきたな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2006

久々のOracleで不覚を取る

OracleのSQL/Plus上で古いテーブルを削除し、新しいテーブルを作り直していたのだが、何かがおかしい。あれ?いつの間にか古いテーブルが復活している。あ、しまった・・・Oracleは手動コミットだった・・・。いそいそと再度Create Table文を入力し、「comit」と入力するのだった。気づいたときには死ぬほど恥ずかしかった。やれやれ、SQL Serverのクセはしばらく抜けそうにないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

珍しくクラシックにハマる

以前からクラシックのMidiを溜め込んでいたので、携帯用に変換する事にする。

・ワルキューレ
どちらかというと、こち亀の爆竜大佐のBGMで有名。曲名を知ったのはごく最近の事だ。TVを見ていると、オーケストラがワルキューレを演奏するとかで。げっ、この曲がワルキューレなのかってね。ということは、ハーメルンのヴァイオリン弾きのサイザーの曲もこれって事になるのか・・・。イヤだ、爆竜大佐と一緒なんて・・・。この曲、出だしがかなりインパクト大。爆竜大佐を差し引いても、何事かと思われるだろう。

・小フーガト単調
マモー&ミモーです。ついでに言うと、ルパン三世のキャラがモデルだった事に今更気づいた。いい曲なんだけど、なんかグロいね。やっぱり使えない・・・。

・帰れソレントへ
中学の時の音楽の先生がイタリア語(だったと思う)で自信マンマンで歌っていた。でも、それ以外、イタリア語知らないだろ・・・。Buon Giorno Sinolとか言われても撃沈だろうな・・・。ちなみに意味は男性用の「こんにちは」だ。

・ブルタバ~連作交響詩”我が祖国”より
昔から何となく好きな曲だったので、必死こいて探した。なぜかドナウ川とゴチャ混ぜになったので、捜索は難航。正解はモルダウ川だ。我ながらアホだ・・・。ちなみに正式にはブルダバ川と呼ぶらしい。お国はチェコ。

とりあえず、今回はこの4つ。どれも携帯で聞いても、なかなかいい音色だった。ご愛嬌でバッハのチャラリー、チャラリラリーラーも作ってしまった(笑)。イヤな奴にでも使っちまうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2006

今更ながら、Flash動画のセミダイレクト変換を試す

先日紹介したflvファイルのavi経由の変換だが、なんと一部のflashファイルでは成功してしまった。ああ、今までの苦労って一体・・・。しかし、全部の動画が変換されるわけではなく、以前にも紹介したように、こちらでも音声リソースがバラけて抽出されるような動画は苦手としているようだ。具体的には恋のマイアヒとかは、SEが別音声になっているからNG。動画の下に再生ボタンが付いていない芸能人のCM動画は特に問題がないようだ。状況によって使い分けると、作業がスムーズに進むだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

ガウッチファミリーの終焉

日本ではホリエモン逮捕で騒がれているが、イタリアではガウッチ長男が逮捕されたか。

これにはびっくり。

親父のルチアーノ氏もイタリアを離れているが、国際手配された模様。

ああ、これでガウッチファミリーも終わりか・・・。

それにしても、彼らのワリを食ったペルージャとナポリはセリエC暮らしだから不憫だな・・・。

会長時代にクラブが負けると強制合宿をやっていたが、今度は塀の向こうであなた方が強制合宿して下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯で経営者とC・ロナウドを満喫しよう(後編)

実は今回使用するのは、携帯動画変換君のみ。どういう事かというと、携帯動画変換君自体がflv形式の変換に対応している事が分かったのだ。先ほどにも述べたように、いきなりflvからMP4はムリなので、1度aviファイルに変換するという工程を間にかますと、あっけなく変換ができてしまいます。処理的にはこんな感じ。

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vcodec xvid -r 30 -b 216 -acodec mp2 -ar 22050 -ab 128 "<%TemporaryFile%>_0.avi""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%TemporaryFile%>_0.avi" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec xvid -fixaspect -s 320x240 -r 14.985 -b 190 -acodec aac -ac 2 -ar 22050 -vol 300 -ab 32 -f 3gp -muxvb 64 -muxab 32 "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>_0.<%InputFileExt%>""
Command3=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QVGA_AAC.ini"
Command4="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command5=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%InputFilePath%><%InputFileBase%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_V601T.ini""
Command6="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

好みによって、動画と音声のビットレートは変更してしまいましょう。という訳で、この処理をiniファイルに組み込めば、あっさり動画は完成。

このCM、なぜブラジルの人じゃなくて、クリスティアーノの方なの?実は契約を間違えた?それでも、彼のセールスポイントは全部当たっています。EURO見てない人は彼がヘディング強いなんて、なかなか分からないよね。その研究熱心な所は○。しかし、問題は経営者だ。なんかこの人、言っている事がおかしい。どうみても、「私は経営者だけど、サッカーがうまいんだ」と言いたげだ(ゴーン)。最後の「サッカーがうまくてもダメなんだよ。私の場合はね。」という部分はとっ変えた方がいいのでは?この自身マンマンなこの口調、どこかで聞いたことがあるような・・・。あっ、分かった。チェルシーのモウリーニョ監督・・・。ついでに言うと、彼はプロ経験がないから、最後のセリフは通ずる所があるような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2006

携帯で経営者とC・ロナウドを満喫しよう(前編)

という訳で、またまた携帯動画変換君でやってしまいます。ソースはapeosのCMサイトからゲットしてきましょう。例のごとく、ムービーは再生しておく事。ムービーを再生後、キャッシュをチェックすると、flvファイルがあるはずで、これが今回のお目当てのファイルになります。flvファイルは私もあまり知らなかったのですが、一応Flashファイルの1種らしいです。、しかし、その辺のFlashプレーヤーでは再生できません。もちろん、ブラウザにドロップしてもムリ。単純にflvファイルを再生したいだけの人は、MVKFLV というflv形式を再生するソフトがあるので、こちらを使いましょう。さて、問題の変換ですが、これも通常のflashファイルと一緒で、いきなりドロップしても、音声しか抽出できません。さあ、困った。また、通常のflashファイルの時のように、あの長ったらしい工程を踏まなければならないのか?いやいや、今回は通常のflashファイルよりも簡単に変換できるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

この手羽先、うまー

先日、派遣先の飲み会があり、名古屋に来て数年経つにも関わらず、初めて「世界の山ちゃん」に行くのだった。このとき、大量の手羽先が出てきたのだが、実はここの手羽先を食べるまで、手羽先に対しておいしくないという偏見が強かったので、少し微妙な感じだった。しかし、食べてみると、すごくおいしい。これは病みつきになるな・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »