« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

SHINE(シャイン)

ある日、某パソコン誌の後ろの方で見かけたアダルトビデオのタイトルなのだが、一応英語という事は分かっていながらも、どうしても意識的には「死ね」という方に意識が行ってしまう。さすがにoneを「おね」と読むのとでは、次元が違う。そういう意味では、このShineというタイトルは痛いのでは?ちなみに2chの荒らしは、shineではなく、sineだが・・・。
このShine、意味としては「輝き」という事らしい。そこで真っ先に思い浮かんだのが、キン肉マンの悪魔超人、サンシャイン。ということは、奴は太陽の輝きという意味なのか。なんか、すごく似合わない(ガーン)。どちらかというと、コイツは砂の輝きだろうが!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2005

カマボコが高い

毎年、この時期になると、いつも思うのだが、「カマボコが高い。」厳密には、安いカマボコが店頭から消えるというのが正解かも知れない。他の人に取って、カマボコはどういうものかは知らないが、私に取っては、せいぜい正月の雑煮の具の一部にしか過ぎない。だから、そう高価なものはいらないのである。しかし、今年は1人暮らしを始めて以来、初めて安いカマボコをゲットした。値段は200円。例年なら、400~600円の高級?品をつかまされていただけに、嬉しい。となると、やはり店側の陰謀説は否めない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2005

久々に愛・地球博グッズを発見

場所は金山。アスナル金山の本屋にもりのこえと愛・地球博ガイドブックを発見。既に名駅三省堂が販売から撤収していて、もう販売をしているのを見かける事はないと思っていただけに、これは意外だった。そういえば、セントレアの書店で大量に販売されていたCD付きの絵本、モリゾーとキッコロはまだあるのかな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2005

仕事でいきなりJSPをやることに

まだ本契約は交わしていないが、新しい会社での活動は既に始めており、年明けからVBAの仕事をするはずだったのが、転びに転び、JSPの仕事をする事になった。ASPはやったことがあるが、JSPはやったことがない。これはヤバい。本来なら、前の会社で少しやるはずだったのだが、プロジェクトが倒れ、お流れに。まさか、こういう形でツケが来るとは・・・。しょうがないので、まずは出来る事からやることにする。そういうことで、まずはJSPの環境をノートパソコンに作成する事にした。執筆時点では、J2SDK, Tomcat, Strutsをインストールし、手持ちが見つからなかったApacheはダウンロード次第、インストールし、Tomcatとの連携を取る予定だ。データベースはOracleを使用する予定だが、手元にはないので、手持ちのMySQLで代用する事にする。そうそう、私は重くてあまり好きくないが、Eclipseも必要だ。現場では使わざるを得ないだろう。年明けから業務に入るので、とにかく時間がない。だから、今できる事をするしかない。まずはデバッグの方法など、基本操作か。あとはDB処理(レコード内容をテーブルに表示),画面遷移など、今までASPでやってきたことをコツコツやってみようかと思っている。年明けにその成果はいかに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

ハードディスク

以前に40GBの外付けタイプを購入して、これでしばらくデータの保存場所には困らないとタカをくくっていたが、いやいやどうして、ツール類をバンバンダウンロードしたり、エンコード途中の動画を保存していたら、あっという間に残り容量が僅かになってしまった。そういうことを踏まえると、今の時代、データ用に100GBクラスのハードディスクぐらいは持っていた方がいいのかも知れない。しかし、容量が多ければ多くなるほど、データの整頓がおざなりになりがちなのも確か。私はこのデータの整頓が苦手なので、溜まったデータをCDやDVDに落としたりするのが苦痛でならない。誰かすごい楽に自分で納得できるような分別をセミオートでやってくれるツールを作ってくれないかな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

PowerProducer PersonalでDVDを作る

このソフト、結構クセあり。メニューとかチャプターを振るのが悪いのか、動画が途中でブラックアウトする。また、画像をサイズではなく、分で扱う傾向があり、そのため、裏では動画を再エンコードしているはずだが、そのエンコーダの精度が悪いと見た。ビデオCD機能は作成できるソフトが限られているので、助かるのだが、DVD機能に関しては不安が残るソフトである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 25, 2005

とほほ・・・フライドポテトが・・・

マックで出るような細いフライドポテトだけだろうか。どうもこいつは冷凍庫に置き過ぎると氷交じりになってグチャグチャになってしまう。せっかく久し振りにフライドポテトを食べようと思ったのに、鍋に開けた時点でもうポテトの原型はない。しょうがないから、グチャグチャのフライドポテトを少しすり潰してマッシュポテトにすることにした。味はまずまず。これからは気をつけるようにしよう。しかし、次元的には目玉焼きに失敗したから、卵焼きに路線変更するのとあまり変わらないような・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

2005窓の杜大賞

結局、私が投票した携帯動画変換君が入賞した。これは日頃使っているツールだけに嬉しい事だ。あと、見る目があったのかなとも思う。ついでに該当作品に投票した人に贈られる景品が当たると言うことなしなのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

マイクロソフト、EUに訴えられる

内容としては、ウィンドウズとメディアプレーヤーの抱合せ販売が問題との事。やれやれ、またか・・・。抱合せ販売はともかく、今のメディアプレーヤー10はXP以降でしか使用できないというのがナンセンス。結局OSを無理やり買い換えさせようという魂胆がミエミエである。OSなんて、ちゃんと環境さえ整えれば、現在でもWindows98が使用できるにも関わらずにもだ。昨日、OSの環境設定をしていると、オプションにIEとOEのチェックボックスがあることに気付く。ああ、なるほど、以前はIEで訴えられたから、独禁法と言われないように、一応取り外せるんだなと。まあ、そんな感じでいろいろ問題のあるマイクロソフトだが、短絡的にマイクロソフトに敵意を抱くのもどうかと思う。やれIEはイヤだから、FireFoxに乗り換えるとか、メディアプレーヤーはダメだから、Media Player Classicに乗り換えるとかっておい、ネトランの読み過ぎですかあと思われるのもどうかと思う。結局、私のような開発者は、マイクロソフトに頼っていかなければ、仕事にならないんだなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 22, 2005

シェル拡張の恐怖

Vectorなどを見ると、いろいろなシェル拡張ソフトが公開されているが、あの手のソフトは怖くてしょうがない。というのは、以前勤務先でそういったソフトを使っていて、不要になったので、アンインストールしたところ、エクスプローラでショートカットメニューを出そうとすると、エラーが頻発するようになったのだ。場所が場所だけに、なかなかエラい目にあった。詳細な原因としては、シェル拡張の際に使用したクラス登録が完全に消去し切れていないために、既に存在しないシェル拡張クラスを参照しにいっている事が原因と思われる。シェル拡張ソフトはリスクを考えて、ハナっから導入しないか、1度導入したら、ずっと使い続けるぐらいの心構えでいた方がいいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2005

テルミナで珍客を発見

今日は次会社との打ち合わせのため、名古屋に出ていて、その帰りに名駅テルミナを歩いていた時の事だ。「ん?なんだあいつは?」なんとハトだった。何か我が物顔で地下街をひょこひょこ歩いていた。多分JRの方の出口から入ってきたのだろう。名古屋近辺に住み始めて随分経つが、このようなことは初めて見た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長期休暇は嬉しいか

答えはNO。休みが多くて嬉しかったのは子供の頃の話。最も私は学校が好きだったので、長い夏休みはあまり歓迎ではなかったが・・・。仕事を始めて数年ぐらいから、仕事から離れると不安になるものである。私の場合だと、せいぜい1週間ぐらいが限界か。最近、退職時に年配の方と談話したときも同じような答えが返ってきた。ある意味、こういう意識を持つようになったということは、仕事が板に付いてきたとも言えるのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2005

プラグ1本でいくら取る気なのか?

もう辞めてしまう会社での出来事なのだが、かつて、こういう事があった。
ある会社へパソコンのパーツを取り付けに行ったときのことだ。既出の通り、たいした仕事ではなかったので、さっさとパーツを取り付けて自社へ帰ろうとしたときの事だ。

「これ、音が出ないんだけど。」

と言われ、スピーカが繋がっていない事はすぐに分かったので、繋げて帰って来た。そして、その時にいいサウンドボードが欲しいということで、その依頼も受けて自社へ戻る事になった。そして自社でサウンドボードの依頼の報告も兼ねて、スピーカを繋いだという報告も行うと、こっぴどく叱られてしまった。確かに商売ということにおいては、このような行為はいけないのかも知れない。しかし、たかがスピーカだ。それにスピーカを繋ぐ時はさして意識はしなかったが、相手は自社のお得意様だ。そのような相手に対しても、そこまで金を毟り取ろうとする必要があるのか。全く持って理解できない。このスピーカのプラグの抜き差しでいくら取るつもりなのか。私からすると、とんでもない話だ。ある意味、自社が小さくてお金がないから、こういうことをするのかなという捉え方も出来なくはないが,それでも割り切れるものではない。そして、これは自社を退職する要因の1つである。退職については、またおいおい書こうとは思っている。私の考えは甘いとか間違っているのかもしれない。しかし、こんなことをしていては、客が離れていく事だけは間違いないだろう。私の友人が口を酸っぱくして「人を大切にしろ」と言うが、このような事にも言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2005

慣れ親しんだ派遣先との別れ

去る金曜日の事だが、とうとう派遣先との契約が切れる日がやってきた。それと共に私のプログラマ生活に一区切りが付く事にもなる。3年も勤めたので、さすがに感涙深いものがある。そこで業務終了のメールをあちこちに送信したり、お別れのあいさつにあちこちの席を回った。人数の関係でCCで送信したりしたが、さすがにいっぱいいたなあ・・・。私が2年間コンビを組んだSEのOさん(♀)との席が近かった事もあり、Yさん(♀)に感謝のメールを送ったところ、ずいぶん感激しているようだった。というよりも、私がOさんばかりかわいがっていたから、よほど意外だったと見るのが正解か。それでも、そういう反応が嬉しかった事には何ら変わりはないが。これはいい意味でフェイントになったとも言える。心残りは契約を満了できなかった事と、かわいいSEを残していくという点か。私の後任はなんとか決まったが、私とは違い、コテコテの技術屋さんで年も私と10くらい離れていて、完全にタイプが違うので、Oさんがうまくやっていけるかがチョット心配。でも本物の技術屋と接する事で更なる成長が出来るとも言える。まあその成果は愛知県東部から温かく見守る事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

エイデン、郊外にも進出か

エイデンといえば、名古屋の電化店というイメージが強いが、先日、津にオープン。電車から見えただけで、オープンしているかは分からないが、桑名の近鉄沿線でも見かけた。最近は郊外にも力を入れているのね。津は職場が近かったので、足を運んだが、うーん、最近の作りかな。パソコンと家電とゲームコーナーが同居しているような。これといった個性のようなものは見えなかった。それでも暇つぶしについつい足を運んでしまうんだな・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2005

あーっ、あれ欲しい

先日、退社に伴い、引継作業をしていると、私の後任者が何やらHTAアプリケーションでメモ帳を作っていた。ファイル保存はXMLで行うというなかなかシャレた一品だった。他人の物だから、よく見えたのか、思わず、「あーっ、あれ欲しい」と思ってしまった。さすがに本人にたかるのも何だったので、自分で作る事にした。何となく自作できそうに感じたので。こういうときはそれなりにプログラムの腕があると便利だと思った。ない物は作ればいいのだからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2005

窓の杜大賞に投票する

ノミネートを見て、ほぼ即答で携帯動画変換君。ソフトとしては、ffmpegのフロントエンドという単純なもの。しかし、時代のニーズに合っているのだ。何も高度なプログラムが大賞を取るとは限らない。本当に人が欲しいと思う、便利と思うソフトが大賞を取るのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

ジーコさん、J2の選手は代表召集しないんですよね?

ジーコは就任時に言った。J2の選手は召集しないと。そんな中、先日、三浦アツの神戸と玉田の柏がJ2へ降格した。さて、どうするんでしょうね。召集されれば、就任当時にJ2だったC大阪の西澤とモリシの立場はない。えこひいきの激しいジーコのことだ。アツと玉田は召集されることが濃厚だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2005

私的W杯展望 後編

グループE:
イタリア,ガーナ,アメリカ,チェコ

アメリカが前回のような躍進を遂げるようならば、間違いなく死のグループと化するだろう。中盤にアッピアーを中心とした人材の揃うガーナも侮れない。そうなると、全くの安パイの国がなくなり、どの国が勝ち上がっても、消耗し切ることだろう。よって、このグループからは優勝国は出てこないと思われる。チェコはネドヴェドの本大会での帯同とコレルが本大会に間に合うかがカギ。この2つの条件が満たされないならば、アメリカの後塵を推すことになるだろう。決勝T進出はイタリア,そして条件付でチェコ。


グループF:
ブラジル,クロアチア,オーストラリア,日本

ブラジル的には非常に組み合わせに恵まれたと見ていいだろう。どんなに出来が悪くても2位は確保することは間違いない。消耗度を考えると、ブラジルの2連覇もありえるだろう。図式的には1強3弱という感じか。2番手は無難に見るとクロアチアだが、絶対的存在とは思い難い。日本の線もあるだろう。日本的には8年前のリベンジと行きたいところだ。オーストラリアはビドゥカ,キューエルらのタレントが評判通りに活躍しないとかなり厳しいだろう。現実的に見ると、実力はあっても経験不足ということで、グループリーグ敗退が必至か。決勝T進出は1枠は文句なしにブラジル,そして2番手は期待を込めて日本という事にしよう。


グループG:
フランス,スイス,韓国,トーゴ

普通に見れば、フランスの1強3弱といいたいところだが、フランスは5年前のような圧倒的強さはない。ということは、どこの国にもチャンスがあると言える。フランスとスイスの出来次第では、韓国,トーゴにもチャンスは十分にあると言えるだろう。韓国が前回にポルトガル,イタリア,スペインを破ったの継ぎ、フランスを破るようならば、審判の判定で勝ち進んだというレッテルも消えるし、大会も盛り上がることだろう。決勝Tはフランス,スイスか。


グループH:
スペイン,ウクライナ,チュニジア,サウジアラビア

普通に見ると、スペイン,ウクライナで固いのだが、前者は予選のような醜態を見せるようならば、厳しい。あと、ラウールが本大会に間に合うかが大きなカギになるだろう。もうラウールは終わったという声もあるが・・・。後者は経験不足が気になる。しかし、そこはシェフチェンコを中心によくまとめ上げて来るだろう。初出場でモチベーションも高いと思われる。前回のポルトガルのような経験不足による自滅の可能性は低い。本命2国がコケるようならば、チュニジア,サウジにもチャンスがないこともないだろう。それでも決勝Tはスペイン,ウクライナで決まりか。スペインの出来次第では、ウクライナの首位通過もあるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2005

女子大生流ウザいナンパの蹴り方

ある日、電車に乗っていたら、次のやり取りが聞こえた。

「東京でナンパされて、年いくつって聞かれたから、中学生と答えたら去っていった」

はあーなるほど。すごいシンプルだけど、利にかなっているし、相手を傷つけることもない。ちょっとこれには関心。でも「中学生」と聞いて、1人で盛り上がっちゃう人もいるかも。そうなると最悪だ・・・。結局は諸刃の剣か・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

私的W杯展望 前編

私なりにW杯の展望を占ってみる事にしよう。

グループA:
ドイツ,コスタリカ,エクアドル,ポーランド

ドイツ的には組み合わせに恵まれたとの事。普通に見れば、ドイツの1強3弱といいたいところだが、それは甘い。ドイツは守備に大きな不安がある。経験不足のCBに1ボランチはマズいだろう。コスタリカやエクアドル相手に打ち合いは危険。ポーランドも1ランクしたの相手には、堅守を発揮する。ホームアドパンテージがないのなら、厳しい見方だが、横一線と見てもいいだろう。決勝T進出はドイツとポーランドか。


グループB:
イングランド,パラグアイ,トリニダード・トバゴ,スウェーデン

厳しい。どこの国が決勝Tに出てもおかしくはない。TT以外は堅守を誇る国。勝ち点3か1かは大きな意味を持ってくるだろう。決勝T進出はイングランド,スウェーデンか。


グループC:
アルゼンチン,コートジボワール,セルビア・モンテネグロ,オランダ

SMNの出来次第では死のグループと化するだろう。ドログバ率いるコートジボワールも不気味だ。アルゼンチン,オランダ的には、優勝を目指すのならば、この予選リーグでいかに消耗しないかが、カギになる。決勝T進出はベタだが、オランダ,アルゼンチンか。


グループD:
メキシコ,イラン,アンゴラ,ポルトガル

W杯の実績があるとはいえ、まさかまさかのメキシコのシード国だった。ポルトガルの枠がオランダやチェコではなかったのは大きい。油断は禁物だが、メキシコのグループリーグ突破は堅いだろう。ポルトガルは前回は惨敗だったが、経験を得たことで前回のような醜態をさらすことはないだろう。イランは守備に問題を抱えるが、カリミら前線のタレントが通用するようならば、おもしろい存在になるだろう。現実的には決勝T進出は厳しいだろうが、メキシコもポルトガルもブラジルほど圧倒的強さを誇る訳ではないので、どうしようもないということもない。結論。無難にメキシコ,ポルトガルが決勝T進出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

柏レイソルJ2降格

エース玉田が故障中という大きなマイナス要素があったとはいえ、あまりにも失望の残る結果だ。かつて西野監督が率いていた頃の面影のカケラもない。ヴェルディといい、もはやクラブの名前だけで生き残れる時代は終わったのかもしれない。それだけクラブ間の格差が狭まったとも言える。ヴェルディやレイソルの降格は寂しいが、リーグの活性化という意味では、甲府の躍進はいいことだろう。でも、1年で降格しないでね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

W杯組み合わせ決まる

日本はブラジル,クロアチア,オーストラリアと対戦する事が決定。この組み合わせは結構いけるのではないかと考えている。ブラジル以外はある程度どうにかなる相手になるのでは?組み合わせもあるが、初戦はオーストラリアという事も大きい。いきなりブラジルと当たって、出鼻をくじかれるよりはいいだろう。しかし、ブラジルが初戦でクロアチアに負けようものなら、それ以降の状況は変わってくるだろうが・・・。ブラジルは引き分けで御の字として、クロアチアには、8年前の借りを返したい。守備のレベルは当時とそう変わらないが、攻撃のタレント力では格段に落ちる。オーストラリアはW杯以降はアジアの一員となるので、この場でどちらが上かケジメをつけておきたい。タレント的にはビドゥカ,キューエルが脅威だが、ここ数年は故障がちで実力を発揮できているとはいい難い。それ以外にも、アロイージ,カーヒルというタレントが控えているので、油断でないのもまた事実。しかし、日本のW杯の経験のアドバンテージは決して小さいものではないだろう。経験のなさが災いして実力が発揮できないというのは多々あることだ。前回のポルトガルのように。今回はホスト国ではないので、組み合わせも若干厳しくなった。実力が試される事だ。98年のように失望ばかりが残る大会にならない事だけを祈ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2005

ようやく退職が受理される

9月以来、揉めていた私の退職問題だが、ここに来てようやく解決した。来週末で派遣先での業務を終了し、それと共に自社の退職も受理される事になった。しかし、なぜキッチリ月末による終了ではないのか。これがとても引っ掛かる。残り2週間で自社の事務処理をやってくれということなのか。私はそうは思わない。だいぶ交渉でゴネたのではないかと見ている。
そして、この3ヶ月の退職凍結期間に今の小さな会社はダメだと思った。実は今の派遣先は間に2社挟んで派遣されていて、そのため、お互いの意思の通達などが非常に時間が掛かった。極端な話、自社の営業に話をすれば、5分で済む事が、メール等でやりとりするため、2日や3日も掛かってしまうのである。こんな事を繰り返していたから、意見が曲がって伝わったり、本音が伝わらなかったりしたのだと思う。正直、これには嫌気が差した。この件は私の退職理由には元々入ってはいなかったのだが・・・。生まれて初めて会社の規模にこだわった瞬間である。もし、私のように他社で派遣的業務をこなす人がいれば、アドバイスしたい。

「いい派遣会社は、できるだけ自社から直接取引先に人を派遣し、営業の人間が優れている」

今回の1件でこの点は外せないと思った。私が転職する次の会社はもちろんこれを満たしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2005

スーパーさぶっ!! 劇場を購入する

サッカーダイジェスト誌で連載されている人気マンガである。数日前から本屋で探していたのだが、なかなか見つからず、結局見つかった場所はなぜかファミリーマート。このファミマの店長、かなりマニアだと見た。さっそく読み出すと、まず笑いをこらえるのに大変。これはしばらく慣れるのに時間が掛かりそうだ・・・。電車とかではなかなか読めない・・・。荒井清和のカズ撃ちゃ当たる!!とはまた違ったおもしろさがある。それにしてもイナのデブネタは、村山文夫,カトリーヌあやこ、どちらが先に始めたのだろうか。2人も揃って同じネタで責めてくるとは・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

hasta la vista


しばらくサボリ気味だったスペイン語をまた勉強し始めて、最近覚えた言葉で、読みは「アスタ ラ ビスタ」。

意味は「また会いましょう」という意味である。

実はこれ、かなり前から覚えたかった言葉なのである。

ciao, adiosはあまりにもベタでダサいと思っていたので・・・。

少し話が変わるが、帰宅途中の近鉄の駅でたまたま伊勢志摩のパルケエスパーニャのパンフレットを見ていたら、なんとアスタ ラ ビスタという店があるではないか。

帰りのお土産屋ということを考えると、なかなか考えてネーミングしているかと思う。

ちなみにパルケエスパーニャとは、パルケとエスパーニャという単語に分割出来て、それぞれ公園,スペインと訳する事ができ、よってスペイン公園という意味である。

まんまやね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 07, 2005

凶悪HTMLにブチキレ

仕事中の話。ASPの修正をやっていて、大元のソースが長ったらしいHTMLなのに、全くインデントなし。更に送信パラメータを1000文字に渡り、横へ垂れ流し。ここまで酷いソースは初めて見た。まず、自分で作っていて見にくくないのかな?とても理解に苦しむ。これは技術以前の問題である。更に物申すと、ただでさえテーブル構造が複雑なのに、バカの1つ覚えのようにTABLEタグのspan属性を乱用していたので、更にテンションが下がる。私もプログラマになった頃はソースのコーディングにかなり難があったが、ここまでは酷くなかった。何か普段の2倍疲れた・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

来期以降のG大阪

私が知っている範囲では、FWのアラウージョとDF實好、MF森岡の退団。松並の引退というのは知っている。それと大黒の海外移籍のウワサと大黒の控えの吉原(恋するハニカミに出演したあの人)の移籍も濃厚のようだ(個人的に吉原は、日本人FWの層が薄い名古屋に是非欲しい・・・)。特にアタック陣はほぼ完全解体になる事もありえるだろう。一気に層が薄くなるので、名古屋へリース中の中山はほぼ確実に戻ってくるのでは?アラウージョの代わりは、元ヴェルディ川崎のサテライトでイタリアとドイツで得点王を獲得したアモローゾを獲得するというウワサもある。しかし、これはアモローゾの人間性を考えると、あまり現実的ではない。厳格な西野監督とは衝突する可能性が高いだろう。ただでさえ不安定なディフェンス陣だ。今期とほぼ同レベルのアタック陣の構築をしなければ、とてもではないが、連覇は厳しいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

DVDライティングに気をつけろ

先日、DVDを焼いていたら、何かの拍子で、DVDの容量である4.7GBをオーバーしたイメージを焼きこもうとしたため、ライティングソフトが止まるどころか、DVDドライブ自体がダメになってしまった。CD-ROMは読めるのだが・・・。容量オーバーの警告も出ないのならば、ちょっとお手上げである。使用していたライティングソフトはBs'Recorder GOLD。容量計算の概念で見れば、バイト計算に問題があるのかもしれない。例えば、1Kバイトを1000バイトで見ているか、1024バイトで見ているかの問題である。これがギガバイト単位になると大きな問題になってくる。それにしても、ドライブの故障は痛い・・・。ドライバを入れ直してもダメ。なぜかOSを再インストールすれば直るのだが、それは恐ろしく面倒な作業だ。年末に気が向けばそれはやることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2005

G大阪優勝おめでとう

ガンバに取ってはミラクル、セレッソに取っては悲劇の結果になった。とりあえずは、G大阪優勝おめでとう。関西勢に取っても、リーグ戦は初の制覇だったので、正に悲願の達成だろう。今期は混戦というのもあるが、各チームの波があり、絶対的強さのチームがなかったというのも事実。安定感という意味では、千葉が1番優勝に値するのかも知れない。だからガンバもこれにあぐらをかくことなく、来期は文句なしの結果で優勝できるように頑張って欲しい。
それにしてもセレッソは・・・またしても目前で優勝が逃げていった・・・。せめてモリシが現役の間に一度は優勝して欲しいものだ。
今年は野球もサッカーも千葉と大阪の年になった訳で、我らが名古屋はタイトルはなし・・・。特にグランパス。またしても欧州路線への変更・・・。腐ったフロントをどうにかしないと、来期は最悪の結果が待っているだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

カイルよ、さらば。こんにちは、ピカチュウ。

ある日、追加のMS Agentのキャラクタが欲しくていろいろ探していたのだが、なかなか見つからない。これは技術的に分かりにくいから、作者も少ないのだろう。付け加えると、MSDNのドキュメントが不親切という事も関係なくはないだろう。日本人の作者となるとごく小数だ。ちなみにOffice Assistantとググるよりも、MS Agent Characterとググる方がヒット率が高い。それでも結果は微々たる物だ。ダブりが多い。
そんな中で見つけたのが、ピカチュウのMS Agentキャラクタだ。ダウンロードはここから。ギャラリーの4ページ目にいる。元々はマンマちゃんのキャラクタを探していたついでに見つかった程度で、出来はあまり期待していなかったのだが、これが最高の出来。ピカピカ言ったりして最高にかわいい。ただ、操作をしない待機中の放電音は、パソコンが壊れたかと思うほどリアルな音で慣れるまでは少々戸惑うだろう。それでも1度使い出すと、Office定番のイルカのカイルはエクスプローラの肥やしと化すだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2005

MS Agentとは その2

あまり知られていないが、MS Agentという技術自体はWindows標準の技術だ。その証拠にWindows98以降のOSを使っているならば、ウィンドウズディレクトリにmsagentというフォルダがあるはずだ。そのサブフォルダにはmerlin.acsという魔法使いのキャラクタが納められている。このキャラクタはMSOfficeでも使用する事ができる。最近のMSOfficeならば、キャラクタ選択の一覧に出てくるはずだ。古いOfficeでは認識されない時があるので、そんなときはOfficeのacs形式ファイルが置かれているフォルダへmerlin.acsをコピーしてしまおう。これで魔法使いマーリンが使用できるはずだ。
マーリンとほぼ同様の仕様で作成されているMicrosoft標準のキャラクタが他にも3体あるので、興味がある人は、ここからダウンロードしておくといいだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 01, 2005

MS Agentとは その1

マイクロソフトのアクションに基づいてキャラクタを動かす技術の事である。MS Agentと言われると、なかなかピンと来ないが、Officeアシスタントと言えば分かるだろう。しかし、純粋なOfficeアシスタントとMS Agent Character Editorで作成されたキャラクタとでは大きな違いがある。それはText-to-speech engines、というキャラクタに言葉をしゃべらせる技術があるのが、Officeアシスタントは。なぜかそれを関連付けてしゃべらせることができないのだ。個人的には残念な仕様である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »