« 東京ヴェルディJ2降格(中編) | Main | 三木谷氏、涙の謝罪 »

November 28, 2005

東京ヴェルディJ2降格(後編)

来期以降、1年でJ1復帰を果たすためには、既出のようにまず守備を建て直さなければならないだろう。今のままでは、J2相手でも同じような結果になり兼ねない。もしかすると、今のメンバーから総入れ替えもありえなくはない。私的には林以外は放出されても、やむなしかと思う。しかし、その林もチームの若返りが進むのであれば、放出もあるだろう。
守備の問題でうまいタイプばかりということを指摘したが、今必要なのは、かつての柱谷のような存在ではないだろうか。彼は華麗な前線から比べると異色で、汚れ役を買って出ている。これからのチーム再建には、そういうタイプの選手は絶対必要かと思う。あ、戸田はダメ・・・。
J2に降格してもアジアチャンピオンズリーグに出場するという話が持ち上がっているが、本気で1年でJ1復帰を考えているのならば、そんなことをしている場合ではないだろう。Jリーグでこのザマなのに、アジアのトップクラブ相手なら、今以上の醜態を晒すだろう。

それにしても、劇的な降格だった。OBのラモスが所属する柏に引導を渡されたのだから。しかも日本人オンリーのメンバーで粉砕されたとなると、屈辱は倍増だろう。今年の収穫といえば、天皇杯とレアル相手の勝利ぐらいだろう。後者に関しては、戸田が「たるんでいる」と一喝したが、今ではそれも虚しく聞こえる。一応名門といわれたクラブだ。1日も早いJ1復帰を望む事にしよう。

|

« 東京ヴェルディJ2降格(中編) | Main | 三木谷氏、涙の謝罪 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京ヴェルディJ2降格(後編):

« 東京ヴェルディJ2降格(中編) | Main | 三木谷氏、涙の謝罪 »