« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

正規表現の勧め

私の友人いわく、キーボードをうるさく叩く奴はキータッチがヘタクソとのこと。スマン・・・私はいつも力入りまくりなので、キータッチがうるさいのだ。私としては、そんなことよりも、仕事中に聞こえるカッチャン,カッチャンという音の方が気になるのだ。こいつは明らかに固定パターンを入力している。頼む・・・。圧倒的に要素が多い時はおとなしくエディタの置換機能、特に正規表現を使おう・・・。その絡みで昨日は私のSE殿に後方にフィールドが不足しているタブ区切りテキストに空フィールドを追加する方法を教えてあげた。今回は3フィールド必要だったので、正規表現だと、

検索文字列:$
置換文字列:\t \t \t (スペース1文字で初期化したかったので、タブの後ろにそれぞれ半角スペース1文字が入る)

というような感じになった。正規表現の「$」は1行文字列の最後尾,「\t」はタブ文字を示す。これだとすごい楽。というより秒殺。まさか、ン百行のテキストに対して手打ちする訳にはいかないだろう。今回紹介したのは正規表現のごく一部だが、使いこなすと凄く楽なのだ。仕事でエディタを多用する人はぜひ修得する事をお勧めする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2005

三木谷氏、涙の謝罪

先日のヴィッセルの試合で謝罪をしたらしいが、何を今更という感じである。この行為はイーグルスファンへの冒涜なのだろうか。イーグルスのときは前日に田尾監督を解任し、バツが悪くてホーム最終戦の観戦を逃げた経緯がある。その事を踏まえると、墓穴を掘っているような気がしてならない。そうそう、結局ブービー2冠は達成してしまったね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 28, 2005

東京ヴェルディJ2降格(後編)

来期以降、1年でJ1復帰を果たすためには、既出のようにまず守備を建て直さなければならないだろう。今のままでは、J2相手でも同じような結果になり兼ねない。もしかすると、今のメンバーから総入れ替えもありえなくはない。私的には林以外は放出されても、やむなしかと思う。しかし、その林もチームの若返りが進むのであれば、放出もあるだろう。
守備の問題でうまいタイプばかりということを指摘したが、今必要なのは、かつての柱谷のような存在ではないだろうか。彼は華麗な前線から比べると異色で、汚れ役を買って出ている。これからのチーム再建には、そういうタイプの選手は絶対必要かと思う。あ、戸田はダメ・・・。
J2に降格してもアジアチャンピオンズリーグに出場するという話が持ち上がっているが、本気で1年でJ1復帰を考えているのならば、そんなことをしている場合ではないだろう。Jリーグでこのザマなのに、アジアのトップクラブ相手なら、今以上の醜態を晒すだろう。

それにしても、劇的な降格だった。OBのラモスが所属する柏に引導を渡されたのだから。しかも日本人オンリーのメンバーで粉砕されたとなると、屈辱は倍増だろう。今年の収穫といえば、天皇杯とレアル相手の勝利ぐらいだろう。後者に関しては、戸田が「たるんでいる」と一喝したが、今ではそれも虚しく聞こえる。一応名門といわれたクラブだ。1日も早いJ1復帰を望む事にしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2005

東京ヴェルディJ2降格(中編)

次は要因を検証してみよう。

・ワシントン依存症
これはあると思う。今期、開幕直後は好調を維持し、独力でゴールをこじ開けられることが立証された。しかし、シーズンが開幕してからしばらくすると、もちろん研究されてしまう訳で、彼が抑えられると、攻撃陣は無力となる場面があった。スポーツ誌で彼が守備をしないということを指摘していたが、それは違うと思う。彼ほどの能力があるのなら、守備で消耗させるのは、全く持って無駄な事かと思う。

・守備の崩壊
既出のワシントン以前にこちらの方が深刻だったかと思う。毎試合のように3点ぐらい取られてしまっては、いくらワシントンが得点を重ねても無駄というものである。しかし、メンバーだけみれば、水準以上にやれる選手ばかりだと思うのだが・・・。林,米山,上村,戸田・・・。すべて代表経験者。もはや名前倒れということなのか・・・。個人的に見ると、高さのあるストッパータイプがあまりいないというのが気になった。最終ラインはどちらかというと、強さというよりも、うまいタイプばかりで、時には体を張ることも必要だったかと思う。一応、上村と戸田はストッパータイプだが、前者はあまり出番がなかった。後者は高さはないハードマーカーだったが、あまりにもファウルが多過ぎて、最終ラインでは怖くてとても使い物にならなかった。そう考えると、02W杯前に放出した中澤の存在があまりにも痛い。

・過去の栄光
かつてはスター選手の宝庫だったから、プレッシャーも半端ではなかったはず。読売撤退以降、スター軍団から現実主義への切り替えも、なかなか難しかったんだと思う。しかし予算が少なくても、うまくやりくりしているクラブもある。ジェフ市原・千葉がいい例だ。彼らの走るサッカーをやれとは言わないが、今までの南米チックなサッカーから脱却する必要は多少なりともあるかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京ヴェルディJ2降格(前編)

1つの時代が完全に終わったようだ。元来、読売嫌いだったので、強さは認めても、クラブとしてはあまり好きではなかったが、Jリーグの一時代を築いたクラブの降格はやはり寂しいものがある。敗因はいろいろあるが、私としては、最後の優勝から成長がなかったことに尽きると思う。Jリーグ発足当時はクラブ間の実力差はかなりあったが、それがだんだん縮まってきた。となると、もちろん戦術的(特にプレッシング)にも進歩する訳で、ショートパス主体のヴェルディのサッカーはだんだん通用しなくなってきたのではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

Excel VBA でデータセット高速処理

今更ながら、紹介する事にする。

EXCELのセルの読みはそう問題ないが、書き込みは相当遅い。
例えば、行数があるのに次のような処理をしていては、日が暮れてしまう。実際にやってみたら分かる。
※データの値は任意の値とする。下記はほんの一例である。

Dim Row As Long
Dim Col As Long

Const MAXROW As Long = 10000
Const MAXCOL As Long = 10

For Row = 1 To MAXROW
  For Col = 1 To MAXCOL
    Cells(Row, Col).Value = Row * Col
  Next Col
Next Row

しかし列に関しては、配列にして一括にしてセットするようにすると、処理スピードは格段に上がる。

Dim Row As Long
Dim Col As Long

Dim aryVal() As String

Const MAXROW As Long = 10000
Const MAXCOL As Long = 10

ReDim aryVal(MAXCOL) As String

For Row = 1 To MAXROW
  For Col = 1 To MAXCOL
    aryVal(Col - 1) = Row * Col
  Next Col
  Range(Cells(Row, 1), Cells(Row, MAXCOL)).Select
  Selection.Value = aryVal

Next Row

この方法で30分以上掛かっていた処理が、ほんの数十秒で終わってしまった事もある。
EscelVBAで配列を使用してデータをセットするメソッドが多い事に気付き、試してみたら大成功だった。
しかし課題もある。行方向にも一括セットしたいのだ。この方法は残念ながら、まだ見つかっていない。(できない?)

それと、もちろん処理中は

Application.ScreenUpdating = False

にして、画面描画を抑えよう。これは基本。描画を抑えるだけでも、パフォーマンスはかなり上がる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

清水の澤登引退

Jリーグ開幕時のスターがまた1人ピッチを後にする。Jリーグ初代の新人王も引退の時期を迎えるのか。時の流れは早いものだ。最近はすっかりベンチが定位置だったが、いざ出場すれば、キレのいいスルーパスでチャンスを演出していた。それを見る限りはまだやれそうな気もするのだが・・・。まだ若手が心もとない部分もあるので、もう少し続けて欲しかったという部分はあるね。彼を見ていて歯がゆいと思ったのは、ドーハ以降、若手の司令塔、ヒデやシュンスケやシンジらが揃って台頭したことで、代表とは疎遠になってしまった事。Jリーグでプレーしていた外国人からは揃って「なぜ彼は代表に選ばれないんだ」と言われていただけに残念でしょうがない。まあ、何はともあれ、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2005

個人情報保護法とレンタルビデオ

ある日、レンタルビデオ屋へ足を運ぶと、せっかちなオバさんがいて、店員にあるビデオを手に取って、このビデオは以前借りたか借りていないかを教えて欲しいという事を申し出ていた。店員の答えはNGで、個人のビデオの貸し出し履歴は個人情報となり、よって個人情報保護法に触れるとのこと。なるほど。実は私も個人情報保護法施行前に以前レンタルしたビデオをうっかり再レンタルしようとしたら、店員が親切に教えてくれた事があった。ということは、こっちもダメだよねえ・・・。少々せっかちな私としては不便かも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

FIFA、国際マッチで国歌演奏を中止させる?

FIFAのプラッター会長が先日のトルコVSスイスのW杯プレーオフでの惨状から、このような案を私的ではあるが、考えているらしい。これは別にこの1件がどうこうではなく、国歌演奏中のブーイングはよくあるではないか。そう、日本の近国で。それにしても、アジア杯での日本に対する中国の蛮行への処分はどうなったんだろう。あれも放置しておいてはいけない問題かと思うが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows 20周年パッケージ

来る12月9日にWindows 20周年パッケージというWindows XP Professionalをベースに記念品を付けたパッケージがリリースされるらしい。目を引かれたのが、過去のWindowsのCDで「えっ、もしかしてついているの」と思ったが、もちろん、そんなはずはなく、ただのレプリカとの事。どうせ20周年なら、サポートが終わった9x系のOSに関しては、本物を添付した方がいいと思ったのは私だけ?

関連記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 22, 2005

ONE PIECE 1巻を発掘する

いざONE PIECE の英語版を読んでみると、やはり、ここ何だったけというところが続出。という訳で以前から答え合わせ用に購入済の日本語版を探していたのだが、この間の休みにひょっこり見つかる。これで心置きなく英語版を熟読できる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

レアル、ホームで玉砕

ラウールの負傷退場というハンデがあったとはいえ、あまりにもだらしない試合だった。ロナウジーニョがキレていたコと以上に、セルヒオ・ラモスとエルゲラの不甲斐なさが目立った。特にセルヒオ・ラモスには幻滅したが、まだ20歳にも満たない若手という事を考えると、致し方なしか。これを糧に成長してもらいたいものだ。それと敗因の1つとして、この大一番に4-3-3というシステム変更があった事。なぜ、この大一番にこのようなバクチを踏む必要があったのか。ルシェンブルゴ、あなたは確かウイングが嫌いだったはずだ。それだけに謎が残る。まさか同胞のロビーニョを使いたいためだけとは思いたくないが・・・。こういうシステムを組まれると、インテルへ放出した2人、フィーゴとソラーリが恋しくなる。
最後にキャプテンのラウールの負傷具合が気になる。あまり長引かなければいいのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もりのこえはいずこへ・・・

2週間ほど名駅へ足を運ばなかった間に、三省堂書店の入口にあった「もりのこえ」や「モリゾーとキッコロ」が撤去されていた。まあ時の流れだから、しょうがないのかな。時間がなかったので、店内をくまなく探すという事はしなかったが、もしかすると、よく探したら、まだあるのかな?そうなると、セントレアの書店に置かれていた「モリゾーとキッコロ」の動向も気になる。

| | Comments (0)

November 20, 2005

キッコロ起き上がりこぼしの謎

メモリアルセールで3色手に入れたのだが、あれって、よーく色を見ると、もしかしてレインボーキッコロ?となると、4色分足りないという事になる。本当にそうならば、テンション下がるなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モリゾー&キッコロ、再び現れる

本日のEXPOエコマネーセンターの再開式にてモリゾー&キッコロがやってくるらしい。先日、非公式にエイデンの開店式に現れて、ひんしゅくを買ったのは一体なんだったんだろうというような復活劇だ。もちろん前者は公式らしいのだが・・・。これを皮切りにモリゾー&キッコロの出演依頼も増えるんじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2005

はじけて医療用ホチキス

昨シーズン、マジョルカの大久保がデビュー戦で負傷した時に使用したという事で、初めて医療用ホチキスの存在を知る事になる。まさか、そのようなものが存在するとは驚いた。ギャグ程度のものとしか思っていなかっただけにビックリ。
そのギャグとは、大分昔の話になるが、当時コミックボンボンで連載していた「はじけてザック」というマンガのネタになる。白川ユダという悪役キャラが腕を負傷して、彼はこう言った。

「こんな傷はな、こうするんだよ。」

と傷口をホチキスでパッチン、パッチン止めてしまうのだ。ひいいっ!確かにそうしたら傷は塞がるけど、明らかに痛いでしょ。それは。当時は多分医療用ホチキスは存在しなかったと思うので、あまりにも衝撃的だった。どうも、その印象が強くて、やはりホチキスは・・・怖い・・・。
ちなみにこの「はじけてザック」というマンガ。最初はギャグマンガだったのに、気が付けば、とてもスプラッターなマンガになっていた。間違いなく、今まで読んだマンガの中で怖いマンガ、ベスト3には入るだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2005

久々にハズレの店に入る(後編)

それにしてもマズい回鍋飯だった。味付けが終わっている。偶然、前日に野菜を炒めてラーメンに乗せて食べたのだが、そんな素人が作った野菜炒めにも味が劣る。これでは、この店の将来も思いやられるものだ。ふとメニューを見返したら、この店、チェーン店があることを知り、更に驚く。実はマズかったのは、回鍋飯だけではなかった。付け合せのスープも実はおいしくなかった。何か少し味が変だし、やたらネギが青臭かった。

かなりボロクソに斬ってしまったが、実は私、普段はまず料理にクレームをつけることはないのだ。その私がここまで述べるのだ。その事がこの店のマズさを物語っているだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2005

久々にハズレの店に入る(中編)

そうこう思いながらも食べ始める事にする。やはり思った通り、マズい。しかも絶望的に。更にある事に気付く。かかっていたのは回鍋肉のタレではなかった。なぜかミソ。実はこれがマズさに追い討ちをかけているのかも知れない。出てきた状態でご飯が大分タレを吸っていたので、これはマズいと思い、早食いしようと思ったが、やはりムリ。結局タレでギトギトになったご飯は残してしまった。マズい店に入ったのも久し振りだったが、外食で残したのも久し振りだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々にハズレの店に入る(前編)

昨夜の話。夜も少し遅く、小腹が空いていたので、食事処を探す事に。駅から出て、ふと目を向けると、以前から行こうと思っていた台湾料理屋が目に入った。という訳で、夕食をこの店でする事にする。メニューに目をやると、なぜか定食物が見つからない。しょうがないので、回鍋飯という少々マニアックなものを注文する事にした。注文を終えたときに、今頃になって定食物のメニューが出てくる。ここでメニューを訂正しておけばと後々悔やむ事になるのだ。しばらく待って、注文の品が出てきた。それはもう食べるまでもなく、これは絶対マズいと思った。回鍋飯。その名の通り、ご飯に回鍋肉がかかったものだ。その回鍋肉が既に回鍋肉じゃない。これはただの野菜炒めだ。おまけにタレでギトギト。更に追い討ちを掛けるように、頼んでもないのに、既に大盛。これでは罰ゲームだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

ffmpegでSega Saturnの動画をコンバートする その4

前回までに作成した環境を元に携帯コンテンツを作ってみる事にする。さっそく、無謀にも携帯動画変換君にドロップしてみる事にする。今回使用したゲームはSEGAのSonic JAM。成功はファイルによって半々。失敗したムービーは所々大きなノイズが入り、とても見れたものではなかった。これは変換君のffmpegの性能に依存するものなのかな。ノイズが酷いファイルはAviUtlで別のコーデック、例えばDivX等で再エンコードしよう。これで変換君の処理も通るはずだ。更にTMPGEncでタッチしてもいいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

ffmpegでSega Saturnの動画をコンバートする その3

内容がゴチャゴチャしていたので、これまでの過程をまとめる事にしよう。

PCでSega Saturn動画を閲覧する。

TrueMotionをインストール。

ffdshowをDTSを使用できる状態にしてインストール。日本語化はこちら

ffdshowは動画を再エンコードしたい場合は、特にいらない。(再エンコードで音声が出力されるから)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

W杯プレーオフ第1戦

スペイン5-1スロバキア
スイス2-0トルコ
ノルウェー0-1チェコ

ウルグアイ1-0オーストラリア

トリニダード・トバゴ1-1バーレーン

スペインはほぼ決まりかな。98W杯プレーオフのユーゴVSハンガリー戦のような一方的な展開となった。
スイスVSトルコはトルコに故障者がいたとしても、この展開は意外。トルコは無失点で3点差以上の勝利が求められる。私的には本戦でトルコを見たい。スイスは本戦に出ても、あまり多くは望めないだろう。
チェコはコレルを欠きながらも、敵地で勝ち点を奪取。比較的守備に不安がありながらも、完封したのは大きい。それと代表復帰したネドベドの存在も大きいだろう。ノルウェーはカリューとリーセ以外に際立ったタレントがいないだけに苦しいか。
ウルグアイVSオーストラリアはオーストラリアが前回予選のリベンジなるか。前回はオーストラリアがホームで先勝後、アウェーで逆転負けしている。
トリニダード・トバゴVSバーレーンはアウェーで引き分けたバーレーンが1歩リードか。個人的にはトリニダード・トバゴのヨークを本戦で見たいのだが。全盛期はマンUで活躍したFWだ。本戦でもう一花咲かせたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

ffmpegでSega Saturnの動画をコンバートする その2

音が出なかったので、別の方法を考えてみる事にした。そこでタイトルにもなっている、お待たせffmpegの登場である。元々は動画と音声に分けようとトライしてみたのだが、その過程で意図とは裏腹に、なぜか1ファイルで動画も音声も出るようになった。ついでにファイルサイズも縮んだ。コマンドは以下の通り。

ffmpeg -y -i input.avi -vcodec copy output.avi

-vcodecのcopyは現在のビデオコーデックを保持するという意味である。音声コーデックの指定はしないのがミソ。音声コーデックを指定すると、現状と同じく、動画も音も出なくなってしまった。
更に調査すると、再エンコードしなくても、音声が出る事が分かった。それはffdshowをインストールするといいらしい。AudioのDTSにチェックを入れておけばいいのかな。インストール後、めでたく音が出るようなった。しかし、ここでも煮えきれない事が。それはffdshowのオプションでTrueMotionのオプションがOffにもなっているにも関わらず、音声が出てしまっているのだ。うーん、謎だ・・・。結果的には音声は出た訳だが、やはり純正の音声コーデックで出力したい。真空波動研では、Voxware MetaSound Audio CodecDuck DK4 ADPCMと出力されたが、本来はDuck DK4 ADPCMというコーデックが用いられているようだ。これは今後の課題か。

私の最終目的は携帯コンテンツを作る事なので、Windowsでの再生でいいという人はここで完了となる。

参照:
ffdshowの日本語化パッチはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ffmpegでSega Saturnの動画をコンバートする その1

以前から、どうにかしてSega Saturnのavi動画を見たいと思っていた。という訳でネットで検索してみる事にする。すると、動画部分には、TrueMotionというコーデックを使用している事が判明。というより、ネットで検索する前に真空波動研で調べようね。これには反省。そして、コーデックがここにあることも分かった。コーデックをインストールして、Media Player Classicで再生してみたが、エラーが出てしまう。しかし、それを無視すると、動画だけは再生できたが、音は出ず。そこで今度は真空波動研で音声コーデックを調べると、Voxware MetaSound Audio Codecというものを使用している事が分かった。このコーデックはここから入手できる。コーデックをインストール後、再チャレンジしてみたが、ダメだ・・・。音が出ない・・・。それどころか、動画の再生までできなくなってしまった・・・。でも、なぜかエクスプローラのブレビュでは動いている。相変わらず、音なしだけど・・・。

Media Player Classic ここからダウンロード。(英語サイトだが、日本語版もある)
Media Player Classic日本語化パッチ ここからダウンロード。日本語バイナリへのリンクもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2005

ffmpegでGIF変換を行う

PSPWikiffmpegを用いて動画のサムネイルを作成できるという事を知ったので、サムネイルが作れるぐらいなら、画像の抽出も出来るのではないかと、フォーマットを調査したところ、GIF形式のみが対応している事が分かりました。
静止画は以下の書式で抽出できます。

ffmpeg -y -i input.avi -img gif -ss 15 -b 216 -vframes 1 -s 320x240 -an out.gif

入力動画はffmpegが対応していれば、形式は問わないはずです。-ssが大事で開始秒数です。現状では開始フレームというオプションを知らないので、開始位置指定の方法はこれしかないようです。

次は応用編でアニメーションGIFの生成です。書式は以下の通りです。

ffmpeg -y -i input.avi -img gif -t 5 -b 216 -s 320x240 -an out.gif

こちらの場合は開始位置指定をすると、うまく機能しませんでした。-tは変換時間です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミキティ、トヨタに内定

自宅から交通の便が悪いため、近い将来、常駐する可能性が高いであろうトヨタを結構嫌がっていたが、少し考えが変わった。あまり出社はしないかも知れないけど、真近で会うと結構嬉しいかも・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

ベッカム、PKはもう蹴らない

ベッカムが代表戦でPKを蹴らない事を明言したようだ。己をよく知っていると思った。02W杯アルゼンチン戦でリベンジのPKを決めたのはもう昔。EURO2004プレーオフと本大会フランス戦のPK失敗で印象をかなり悪くしている。代役にランパードを勧めたのは私も同感。代表では彼が1番PKに優れていると思う。これで僅かながらイングランド代表の勝率が上がりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スパイウェアで初の摘発

私がスパイウェアで苦労した話題を取り上げた矢先に、スパイウェアを利用した詐欺事件があったようだ。ソースはこちら。スパイウェアもそこまで技術が進んでいるとは知らなかった。私も先日の教訓を生かし、更に気をつけることにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2005

強力なスパイウェアに出くわす

ある外国サイトを見ていて、Outpost FirewallがKernels32.exeを介してダウンロードを行おうとしたので、警告を出してきた。このときに今回だけ遮断を選択し、完全にプロセスをブロックしなかったのがそもそもの間違いの始まりで、それ以降、やたらにネットへ接続しにいくようになり、結果、OSにも負荷が掛かるようになった。すぐにスパイウェアが仕込まれた事に気づいたのだが、このときは眠くてボーッとしていたので、Spybotでスパイウェアを駆除するのを忘れてPCをシャットダウンしてしまった。
そして、翌日、PCを起動してある事に気がつく。プロセスを殺せないように、タスクマネージャが起動できなくなっているのだ。AvastとSpybotを起動している間にシステムポリシーからタスクマネージャの制御に関する項目を探していたが、結局分からずじまいだったので、レジストリを検索する事にする。そうすると、次の項目が見つかった。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\DisableTaskbar

どうやら、これが1になってタスクマネージャが抑えられていたようだ。これを1から0にして、タスクマネージャの問題は解決。その間にAvastとSpybotの検索も終わり、結果は前者は異常なし。後者からは4つのスパイウェアが検出された。これらを駆除したら、不正な接続も解消され、めでたしめでたし。あー苦労した・・・。これからは気をつけよう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

珍しくフィギュアにハマる

帰省した際に、近場に大きな古本屋があるようなので、行ってみることにした。実際にはマンガではなく、ガシャポンやフィギュアを見てしまったのだが・・・。あまりディープなのは好まないので、見たのはガンダム,ドラクエ,ポケモン系。その中でも、ピサロナイト(さまよう鎧ではない)のボトルキャップが気に入り、購入した。造型が絶妙な一品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

日本代表新ユニフォーム発表

色彩は相変わらずだが、左気味の番号はセンスのなさを感じた。この時期のユニフォーム発表だけに、これがW杯用のユニフォームになることは濃厚。非常に残念だ。この左気味の番号は、98W杯のスペイン代表を思い出した。ラウールのスーパーゴールがあったものの、初戦敗退のショックを引きずり、一次リーグ敗退。日本もこのような結果にならなければいいが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校でゲームをするな!

私が学生だったときの先生の決まり文句だったが、これは今も変わらないだろう。正にその通りだ。ゲームを学校でするのはマズい。しかし、私なら、ゲームを作るのは勧める。プログラマを目指すならば、やはり、いきなりビジネスライクや学習ライクなプログラムを作ったところで、なかなか頭には入りづらいだろう。そこでゲームだ。遊び要素が入るので、効率が格段に上がる。実は私もプログラムはゲームから入ったクチで、入学時に教材として購入したポケコンでゲームばかり作っていた。さすがに学校ではやらなかったが…。ちなみに作ったゲームはチョコボレース。当時、FFは2ぐらいだったが、時代を先取りしていたのかも知れない。チョコボはポケコンというハード上、外字でデザインしたショボショボのものであったが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

資格や学歴や成績がどの程度偉いんだ!

私が資格バカがキラいなのは既出

学生時代の話だが、やはり成績バカが作ったプログラムというのはくだらないし、つまらない。

でもって学ぶものもない。

少し話が矛盾するが、私の当時の成績はトップクラスだったl。

最も工業高校での話だが・・・。

しかし、細かい技術的ことは、成績がいい者ではなく、本当に実力のある者に教えを請っていたものだ。

この教えを請っていた人はなぜか成績は私より下だったんだけどね。

この人、一言で言うと、オタでプログラムはゲームがほとんどだったけど、数だけは相当こなしていたようだ。

そういうことを踏まえると、プログラムに関しては、資格なんかよりも、プログラムの数、要は経験が物を言うんじゃないかな。

だから、いくらいい成績を取っても資格を取っても、それを実践しないのであれば、無意味である。

そしてつまらないマニュアル通りのプログラムしか作れないのである。

更にまとめると、

「成績がいい人,資格を持っている人=仕事が出来る人」

とかいう考えは非常に危険だ。

更にこれが人間性が欠けてくると最悪である。

これは私自身が身を持って知っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

変な誕生日

昨日は私の誕生日で、偶然に昔の友人との飲み会も重なった。だけど、飲み会は自腹。特に誕生日を祝ってもらった訳ではないが、微妙な気分だ。うーむ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2005

資格バカ

1ヶ月くらい前、「ズバリいうわよ」で細木数子が自分の事務所の事務員を募集したところ、あまりに資格にかまけた奴ばかりやってきたので、1人も採用しなかったと言う話をしていた。

私もそういう人間はキライだ。

なんか資格をカサにいばり散らしているようでね。

それに負けたくないという気持ちが出ることが多々ある。

私、ふだんはノホホンとはしているんだけどね。

私は資格こそ少ないが、キャリアはそれなりに積んできているつもりだ。

だから警察とかでいう現場かキャリアかと言われれば、前者になるかな。

あ、この両者ってタイプって水と油だよねえ…。

後者のような人間とぶつかるとすれば、ある意味、それは宿命なのかも…。

なんか自己納得・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2005

カーソルしか回せないつまらない男で終わりたくない

これは私の口癖である。私が仕事で携わる業務用プログラムというのは、SQLでデータベースを照会し、その結果が入ったレコードセットに入り、そのレコードセットのポインタを1件ずつ移動し、データを取り出す作業の繰り返しだ。現場を見渡すと、これ以外のことをやろうとすると、結構アタフタする人間が多い。そういうのを見ていると、「ああ、本当にマニュアル通りのことしか出来ないんだな」と思った。元々簡単なゲームやツールを作ったことのある私としては、データベース以外のプログラムは困難ではなく、逆に楽しみだ。やはり、毎日データベースのプログラムばかりでは飽きてしまう。せっかくプログラムの仕事を始めたからには、いろいろやってみたいものだ。いくら腕がよくても、仕事のプログラムしかできない奴は「つまらん」の一言になってしまうかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

三木谷氏、世界初?の快挙へ

何の事かというと、もちろん野球とサッカーのダブルブービー。野球は既に確定。サッカーも現状を見る限り、濃厚だろう。仮に世界初じゃなくても、日本初は免れない。それにしても…、弱い犬ほどよく吠える…。オーナー1年目の素人が金を出さずに口ばかり出した結果がコレだ。情けない限りだ。サッカーの世界でも、そういう奴はいた。元フィオレンティーナのチェッキゴーリや元ペルージャのガウッチらがそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

エビちゃんでエビバーガー

もう2週間ぐらい経つけど、アネッサのCMや特命係長只野仁で有名な蛯原友里さんがマクドナルドのエビフィレオのイメージキャラクターになりました。CMもオンエア中。そう来たかと思うと共に、エビ系バーガーと言えば、どこか冴えないマイナーなファーストフード店のメニューというイメージがあり、少々テンションが下がる…。でも、この人選はGood。これが蛭子能収だったら、売上下がりますから…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 01, 2005

ええい、あんた達の心肺機能はバケモノか

現在、帰省中でその度に飛行機を利用するのだが、いつも飛行機の揺れにはずいぶん悩まされる。今回は特に風が強かったので、体調が戻るまでにずいぶん時間が掛かった。1フライトでこの様なのに、スッチーって奴は1日に何フライトもこなすのに涼しい顔をしている。もちろん本業だから、慣れはもちろんあるだろうが、それにしても常人離れしている…。なんか高嶺の花とは違うような気がする…。遊園地のバイキングに10回ぐらい乗っても平気な顔をしていそう…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »