« 世界のサッカー文化(前編) | Main | 世界のサッカー文化(後編) »

February 27, 2005

世界のサッカー文化(中編)

>もう1つはEURO2004予選、トルコVSイングランドのトルコのホーム戦で何人かの日本人女性サポータを見たこと。
これはトルコがどれだけ危険な国か分かっていないんでしょう。4,5年前にイスタンブールでトルコとイングランドのサポーター(厳密にはガラタサライとアーセナル)同士が激突して死人が出たことは、少々欧州サッカーをかじっている者なら、まだ記憶に残っていることだろう。そのようなことを踏まえると、安易にこの国に足を踏み入れることは、あまりお勧めしない。幸いだったのはお目当てはイングランドのベッカムではなく、トルコのイルハンだったこと。敵地でベッカムを応援しようものなら、大変なことになるだろう。

|

« 世界のサッカー文化(前編) | Main | 世界のサッカー文化(後編) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界のサッカー文化(中編):

« 世界のサッカー文化(前編) | Main | 世界のサッカー文化(後編) »